すべて たるみ これを食べればお肌がツルツル!お肌のキメを整える食べ物と成分
たるみ

これを食べればお肌がツルツル!お肌のキメを整える食べ物と成分

キメの整ったお肌は潤いとハリを止めておけにも重要です。若々しいお肌を取り戻すためには、お肌のキメを整えてあげることが一番の近道です。お肌の潤いお祝いと食習を見直す必要があります。お肌が生き生きとした状態を保つように日曜日から意識してキメを整える効果がある食品や成分を摂取するようにしましょう。

そもそもキメとは?

私たちは一般的には綺麗なお肌とは、キメの整ったお肌のことを言います。キメ整っているお肌に均等に光が反射し、ツルッとした表面に見せられることができます。ムラない光が当然綺麗に反射していると、お肌のトーンも明白に見せることもできます。

キメが整っているとそれだけでお肌を綺麗に見せることができるので、美肌に見せたい時は重要なポイントです。

キメが整う条件とは?

<条件その1>お肌に艶があること
お肌のキメは皮溝と呼吸する谷の部分と皮丘と呼吸する山の部分からなっていますこの溝と谷がほほい深みと激しかった持っているやってお肌が健康でキメの整った状態になります。このバレンが整っていると、自然にお肌の潤いも保たれている状態であると言えます。

<条件その2>お肌の保湿力が保たれていること
お肌の表面は角質層と層に覆われている、一定量の水分が保てるようになっています。その水分量があります20パーセンされ理想的と言われていますが、乾燥した老化したしましたお肌はうまく水分を保持しておきますがきれいになります。

お肌の表面には皮脂から作られた皮脂膜と言う薄い膜がお肌の表面を守り、お肌の隙間を埋めるセラミドなどの細胞間脂質がお肌の弾力などを維持しています。

ある程度お肌に弾力が維持されていると、天然保湿因子と呼吸する保湿成分がお肌全体の潤いを合わせてめっきりした潤いのある状態に保ってくれます。

この3つの機能がバランス良い働いている、お肌を若々しく美しい状態にしてくれるので、バランサは崩れないようにすることと、それがその瞬間の現象を防ぐことがキメを整える最短の近道となります。

<条件その3>お肌に弾力やハリがあること
お肌の弾力を維持するためには、お肌の内側にある真皮、それよりも深いところにある皮下組織や筋肉などを健康に保ってお手上げがあります。これの器官が衰えておととハリや弾力が失われていきます。

中でも真皮はコーガンやエラスチンなどの弾力繊維を多くんでおり、お肌の弾力やハリを左右する器官です。コーガンやエラスチンの量が十分にないとお肌の弾力を保てないので、コロガンやエラスチンを作り出す繊維芽細胞の存在が重要です。線維芽細胞はヒアルロン酸やプロテカルグリカンなども作っていて、細胞と細胞をつぎぎ合わせて真皮がお肌の弾力を保っているようにしています。

<条件その4>ターナーが正常に行かれていること
ターナーが正常に行かれているお肌はお肌の表面にある古くなった角質を入れ替えることができる、常に透き通った透明感のある状態にしておきますが。ターナーは内側に向かってお肌を生まれ変わらせるお肌の自然な働きのので、覆っておいてもある程度はきちんと行われます。ですが、お肌が乾燥していたターナーオーバーを抑えるような要因が加わり、お肌のターナーが正常に行かなくなってしまいます。

お肌が正常なターナーをしていれば、通常28日周期で新しいお肌に生まれ変わるのですが、加齢ともその速度は遅くなり、サイクルが乱れお肌に影響を与えます。

お肌のタンナーは周期通りに行けるだけでは十分ではない、お肌に栄養と十分な量の水分が含まれていないとお肌の表面に出てきたときに乾燥しやすいお肌になってします恐れもあります。

健康的でキメの整ったお肌に育てていきたいのであれば、じっくりと栄養を与えられたらお肌のターナーを正常な状態に戻していきますが大切です。

キメが粗くなる原因

キメが粗くなる原因には、他の肌トラブルと同じように数多くの要因が挙げられます。その中でも、お肌のうえをとっておけなくなるような要素をキメが粗くなる原因として簡単に紹介しています。日曜から自分でも無意識のうちに行っていることがありば、なるべく避けようとしてお肌のういをおしゃかないように注意するようにしてください。

・長時間紫外線を浴びる
・ストレスを溜め込む
・正しいスキンケアができていない
・乱れた食生活
・睡眠不足

以上の要因はお肌に良いとされる食べ物を積極的に摂取しても、それを帳消しにしてもよいばかです。改善できるものから無理のない範囲で改善していますように心がけておとと、これから紹介する食べ物や成分を摂取した時にも効果が実感しやすくなります。

キメを整える食べ物と成分

キメを整えるために必要な栄養素は、つまり美肌であるために必要な栄養素でもあります。
聞いたことのある成分から、少々マイナーではありますが、美肌のために必要な成分まで詳しい解説していきますあなたの食事で取る時に参考にしてみてください。

タンパク質

<タンパク質とは?>
ダンパク質は体の30パーセンテを測る成分で、お肌や爪・髪などのあらゆる部分の元になっているようにはならない成分でもあります。タンパク質はアミノ酸が結合してできた成分で、人体には20種類ものアミノ酸があります。しかし、そのアミノ酸の中には人間の体の中で生成できない9種類のアミノ酸があるため、食事から必要な量のアミノ酸を摂取することがキメの整ったお肌にするためにも大切です。

<タンパク質が不足するとどうなる?>

タンパク質が不足すると体の中からお肌を潤す成分をたくさん生み出すせします、お肌を乾燥させてくださいます。乾燥したお肌はキメが乱れるだけでなく、シミやむくみなどを引き寄せてしまってので、バランス良い食事に取り寄せるようにしましょう。

<タンパク質が多く含まれている食べ物>

アミノ酸をバランによく含むんである指標をアミノ酸酸と言いますが、このアミノ酸類が高い商品には、豚肉・鶏肉・牛肉・卵・鰹節などがあります。飲み物でいとうと牛乳や豆乳などが挙がってます。このような商品は私たちの日本人には馴染みのある食品なので、無理をしなくても意識していれば比較的に簡単に食事に取り入れることができるそうだよね。

炭水化物

<炭水化物とは?>

炭水化物は主に脳と体を作るために必要な成分ですが、腸の働きを活発にした作用がある事から、キメの整ったお肌にするのに必要とされています。

腸の働きが弱っているとシミやくすみ、キメの乱れなどが生じますので必要量は摂取してください必要があります。炭水化物を取りすぎると糖化によるくみの原因になるの、過ぎな摂取は控えるようにしましょう。

<炭水化物が不足するとどうなる?>

炭水化物が不足すると体の中のエネルギーが不足し、顔のハリや弾力が失われるだけでなく、顔の血色も悪くしています。体の機能を正常に保つ働きのある栄養素性の、過度なダイエットなどで不足させてしまって致命的な栄養不足に陥ることがあります何事も極端に実践するのは避け、体にあった適度な方法でよく見守りながら加減して行こうとしました。

<炭水化物がたくさん含まれている食べ物>

炭水化物がたくさん入っている食べ物は、米・餅・そば・うどんどどですが、取れるすぎると血糖値を一気に上げてくださいまい健康面でのリスクも考えられますので、急激に血糖値を上げてくい発芽米や雑穀米などの精製していない食べ物を摂取することをお勧めします。

脂質

<脂質とは?>

脂質は細胞膜や脳の働き・体温保持機能を正常にする働きがけ栄養素で、大きく分けると中性脂肪・コレステロール・リン脂質に大きく別れます。体の働きをスムーズにすることが多い、ビタミンAなどの脂溶性のビタミンを吸収する働きもあります。

潤いを出すために必要なセラミードや女性ホルモンなども、この脂質が原料として使われていますので、女性には特に意識して摂取してもらいたい栄養素でもあります。

<脂質が不足するとどうなる?>

脂質が不足すると、お肌の潤いも奪ってしまった乾燥しやすみなります。また、アピピ体質の方は脂質の不足によりさてに悪化することがあります。

良質な脂質はお肌の炎症を抑える効果もありますので、このような悩みがある方は積極的に取り入れるようにしてみてましょ。

<脂質が多量含まれている食べ物>

脂質はその名の通り油分なので、多分は油と名のつく食べ物に含まれています。
オリブオイル・ごま油・コーン油・エゴマ油・ラード・バターなどに多く含まれていて、調理の際に工夫して使用することにより簡単に摂取することができます。

油として使用する際には純度の高いものを使用すると酸化してく安心して使用することができるのです。マガリンやショーニングに含まれているトランスクリプトはは、心筋梗塞や動脈硬化などのリスクも報告されているので、含まれていないものを選ぶようにしましょう。

ビタミン類

<
ビタミン類とは?>ビタミンは糖質や脂質の代謝に関係している栄養素で、必要な量が少ないのですが、なくてはならない成分です。ビタミンは体の中で作ることのきれいな成分なのに、意識的に摂取してくださいがあります。
ビタミンには脂溶性と水溶性のものがあります、それでは作用ややがては体が必要な栄養素なので、積極的に摂るようにしましょう。

<ビタミン類が不足するとどうなる?>
ビタミンは不足していると、角質が硬くなったお肌が乾燥したりする原因になります。
ビタミンCの不足はシミやシワの原因になり、ビタミンB2やB6の不足はニキビや脂漏性皮膚炎の原因になります。

<ビタミン類が多く含まれている食べ物>
ビタミンAは、うなぎ・レバー・にんじん・ほうれん草・かぼちゃ・モロヘイヤといった緑黄色野菜や、ピーマンやパプリカ・トマトに多く含まれています。

ビタミンB群は、発芽米・納豆・豚肉・たらこ・マグロ・レバー・のり・干しシイタケ・ピーナッツなどに多く含まれます。

ビタミンCは、レモン以外にもピーマン・パプリカ・トマト・ゴーヤ・ブロッコリーなどに多く含まれています。また、じゃがいもやカリフラワーにも含まれているので、お野菜好きの方は実に取りやすい栄養素ですよね。

ビタミンDは、鮭・さんま・卵・きのこなどに多く含まれています。

ビタミンEは、アーモンド・たらこ・アボガド・かぼちゃなどに多く含まれています。

ミネラル類

<ミネラル類とは?>

ビタミンと同じようにタンパク質・炭水化物・脂質の働きを助ける役割をします。
骨や血液の材料にもなるので必要量を摂取しておく必要があります。
100種類もあるミネラルから生命の維持に欠かせないものを必須ミネラルとも呼びます。

<ミネラル類が不足するとどうなる?>

ミネラルは体の機能を維持するために必要な栄養素なので、不足すると髪の毛や歯が脆くなったり、貧血を起こしやすくなったりします。お肌に関して言うと毛色が悪くなりくすんで見えたり、必要な栄養素がお肌まで行き着かなくなり、乾燥したり弾力がなくなる原因になるとも考えられています。

<ミネラル類が多く含まれている食べ物>

  • カルシウムを豊富に含む食べ物
    チーズ・ひじき・ヨーグルト
  • マグネシウムを豊富に含む食べ物
    大豆・発芽米・アーモンド
  • 鉄分を豊富に含む食べ物
    赤味の肉・まぐろ・ひじき・小松菜・貝類
  • 亜鉛を豊富に
    含む食べ物牡蠣・レバー・ウナギ・牛肉
  • リウムカを豊富に含む食べ着物
    海藻類・アボガド・鰹

食物繊維

<食物繊維とは?>

植物繊維は体の中には留まらず、体の外に排出される植物性の繊維の総称です。
排出される途中で腸などの器官から老廃物をからとととまで排除してくれるので、腸のつるりや便秘などの改善に活用されています
水溶性と不溶性のものがあり、水溶性の食物繊維は腸内で善玉菌のエサとなるので腸内環境を整えてくれます。不溶性の食物繊維は、腸の中では膨張し排便を促す働きをします。

<食物繊維が不足するとどうなる?>

食物繊維は不足すると便秘を引き起こすことこれでお知らせしていますもちんん取りすぎは良いえませんが、腸にたまった毒素を排出させる機能を低下させたように、ある程度の量の食物繊維は常に取り入れておけ必要があります。便秘は辛いだけでなく、お肌のありややみ・ハリの減少にも関係しているで、意識して摂取するようにしましょう。

<食物繊維が多く含まれている食べ物>

  • 水溶性食物繊維を多量含む食べ物
    納豆・海藻・野菜・果物
  • 不溶性食物繊維を多量食べ物穀類・ごぼう
    ・芋類・キノコ類・大豆・切れ干し大根

まとめ

様々な食べ物や成分が健康とキメの整ったお肌作りに必要なのが分別して頂きました、日頃のスキンケアとの相乗効果でよりハリと弾力のあるお肌に変化しているのを実感できるしっかりとお肌をケアしながら、食事によっては対策を講ずるようにしてください。

この記事に関連するキーワード

MAYU美容家

国際文化理容美容専門学校を卒業後、都内サロン2店舗を経て独立。 現在は、都内にてヘア・メイクアップアーティスト・着付師として活動。美容歴9年。 誰かの為になるちょっと嬉しい情報を丁寧な切り口で発信していけたら・・という想いで執筆しています。

Recommend

この記事を見た人にオススメ