すべて しわ 目の下のしわの原因とは?おすすめのしわ対策4選 ~日々のストレスに注意~
しわ

目の下のしわの原因とは?おすすめのしわ対策4選 ~日々のストレスに注意~

目の下にしわが出来てしまう原因について、あらためて考えたことはありますか? コラーゲンの減少? 目が疲れている?……。
実はその悩み、生活習慣による「ストレス」が引き金になっている可能性があります。そこで、目の下のしわが出来る原因をしっかり抑えた上で、早めに対策を行うと、気になるしわが穏やかになるかもしれませんよ。

「あ! 目の下にしわが出来てる……」
ある日ふと気づいて、ショックを受ける女性も多いものです。目の下にしわがあると、実年齢よりも上に見えてしまうのはイヤですよね。そこで、目の下にしわが出来る原因を理解し、正しい対策を早く始めることで、予防・改善することは、不可能ではありません。
目の下のしわにお悩みの女性の皆さん、明日からと言わず今日から、正しいケアを始めましょう。

目の下にしわを作る3つの原因

◇「ストレス」が目の下のしわに影響する!?

働く大人は職場や通勤、他にも恋愛や将来など、知らず知らずに
ストレスを感じ、簡単に免れませんよね。しかしストレスを溜めると、健康にも美容にも深刻な被害を及ぼすことがあります。ストレスは「万病の元」と断言してもよい、怖い現象です。
これまでの生活を振り返って、ストレスを感じる何かがあるのなら、極力取り除くようにしてみてください

◇目に見えないだけに注意が必要

私たちはストレスを感じると、体内で活性酸素を発生させ、身体の酸化を促進します。すると新陳代謝が不活発になり、老化を進め、顔のしわを作る原因となります。
ではここで、ストレス一杯で憂鬱な表情をしている人を思い浮かべてみてください。目の下やおでこにしわが刻まれ、不健康で老けた印象の顔ではないですか? ストレスが老化の原因になることは間違いことが納得出来ると思います。
ストレスのない、明るい気持ちが、身体にもよい作用を及ぼし、若返りの効果があることは、医学的にも実証されています。

◇ストレスを軽減させる秘訣

日々の生活で受けるストレス軽減に、「好きなことをする」という手軽な方法があります。例えば、友達とのおしゃべり、カラオケ、適度な運動のように、自分が楽しいと感じることを取り入れてみて下さい。上手に発散することができたら、しわのない若々しい外見へと導かれていくはずです。

「紫外線」は目の下はもちろん
肌全体のストレス要因に

◇しわとの関係が深い「UV-A波」

目の下を始め、顔全体のしわを増やしたくないなら、「紫外線」対策は必須です。中でも肌に届く紫外線はUV-A波とUV-B波の2種類で、そのうち前者は目の下のしわとの関りがあるので要注意です。
次の特徴をしっかり把握してUVガードを心がけましょう。

①地上の紫外線の約95%を占めており、1年を通して光線の影響を受けやすい。

②皮膚の真皮層まで届き、肌のハリ、弾力に影響を及ぼすとしわになることがある。

③波長が長く、雲やガラスを透過するので、曇りの日や室内でも油断できない。

以上のことを踏まえて、日焼け止め化粧品などを肌に塗ることは、しわ対策になります。SPFとPAで表示される強さのうち、PAがUV-A波に対応する強さを表す数字です。PAの後の+の数が多いほど、UV-A波を防ぐのに有効です。
外出の際は、日傘だけでなく、帽子やサングラスなどで目元を守ることも、目の下のしわ対策に有効です。道路やガラスの反射にも注意して、紫外線を上手に避けましょう。

◇日当たりのよい部屋の善し悪し

家の室内は、太陽の光が降り注ぐ明るい方が気持ちも前向きになりますよね。しかしながら、日光がサンサンと降り注ぐ環境は、しわを増やさないためにはよい環境とは言えません。可能であれば、紫外線カット機能のついた遮光カーテンで、適宜日光を遮ることが出来るようにしましょう。
UV-A波による肌ダメージは予想以上に強力です。光老化の主な原因にもなりますので、影響を受けないよう、日常でも油断せず対策に手を抜かないことが重要です。

◇入浴で肌も体もリラックス

私たちの皮膚には、紫外線や熱といったストレスに備え、自分で回復するためのシステムが備わっています。ヒートショック・プロテインと呼ばれるたんぱく質もそのひとつで、誰の肌にも存在するのですが、これまでその構造や仕組みがよく分かっていませんでした。しかし、その名の通り、熱を与えると重要な成分を守ろうとして多く作られるこのヒートショック・プロテインが、肌の自己回復力を高め、コラーゲンを作り出す繊維芽細胞を守ることが明らかになってきたのです。
温度の高い温泉や銭湯に通う人は、しわがなく、綺麗な肌の人が多いですよね。もしかすると、このヒートショック・プロテインが多いお陰なのかもしれません。
目の下のしわが気になる方は、ヒートショック・プロテインを意識してみたり、一日の疲れを取る、体を温めるなど、入浴方法を上手に活用してみてはいかがでしょうか。

目元の「乾燥」ケア ~対策方法5選~

「コラーゲン」の減少

◇目元の皮膚は乾燥しやすい

ティッシュ1枚分の薄さしかないと言われる目の下の皮膚ですが、強くまたたきしたりこすったりしても、元の通りに戻るのは、コラーゲンを始めとする成分が、弾力と保水力に富んだ肌を構成しているからです。
残念ながら、コラーゲンを作り出す繊維芽細胞のはたらきは、二十歳をピークに徐々に衰えていきます。肌には、コラーゲンなどを作り出すはたらきと、コラーゲンなどを分解するはたらきの2種類の作用があり、バランスが保たれているのですが、加齢とともにコラーゲンの生成が衰えたり、UV-A波の影響を受けると、しわの原因となるのです。
コラーゲンは、ハリのある肌を保つだけでなく、血管や関節など身体の至るところに存在し、私たちの生命活動を維持しています。美容と健康のためには、何らかの形でコラーゲンの生成を促す、あるいは補給することを考える必要があります。

その① クレンジングはとにかく丁寧に

目元の皮膚は、顔の他の部分に比べて非常に薄いのが特徴です。また、皮脂腺が少ないので皮脂の分泌がほとんどありません。目の下にちりめんじわが出来やすいのは、こうした特徴のために乾燥しやすいからだと言えます。
乾燥を招く原因に、間違ったスキンケアが考えられます。
1日に何度も顔を洗う人がいますが、洗顔は朝晩の2回。皮脂の少ない目の周りは、擦ったり刺激を与えないように行います。
アイメイクとクレンジングも、目の下の乾燥を悪化させる原因となる可能性があります。デリケートな目元を、アイシャドウをつけたチップで何度も擦ったりパッティングしていませんか?
アイメイク用のクレンジング剤は、洗浄力が強いものがあり、肌に必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。目の下のしわが気になる方は、目の下の肌への影響に十分注意して選びましょう。

その② 鏡を見ながら十分な保湿を

スキンケアの際には、目の周りを重点的に保湿するように心がけましょう。ローションをコットンにしみこませたコットンパックなどもよいと思います。この時、目の下の皮膚の状態をしっかりチェックすることも、変化に気づく目安になります。
ローションで十分に肌が潤った後、しわに有効な成分を含む美容液などを使うのもおすすめです。商品説明をよく読み、自分に合ったものを選んでみてください。使い続けることで、しわが改善されたという報告もあります。諦めずに取り組んでみてくださいね。

その③ メイクのポイント

メイクをする際は、目の下の皮膚にあまり触れないようにしましょう。アイシャドウを塗るときには、肌触りのよい上質なブラシを使用すると、チップを使うよりも肌をいためずに済みます。

スキンケアの際には、目の周りを重点的に保湿するようにしてみてください。ローションをコットンにしみこませたコットンパックなどもよいと思います。
ローションで十分に肌が潤った後、しわに有効な成分を含む美容液などを使うのもおすすめです。商品説明をよく読み、自分に合ったものを選んでみてください。使い続けることで、しわが改善されたという報告もあります。諦めずに取り組んでみてくださいね。

その④ たんぱく質+ビタミン類の摂取

肌のコラーゲンは、食事から有効な栄養素を摂ることで、生成を促すことが出来ます。コラーゲンを作る素となるたんぱく質やビタミン類を摂って、目の下のしわを改善しましょう。

また、抗酸化作用を持つ食品を摂ると、身体全体の老化を進める活性酸素の生成を抑え、身体が錆びつくのを防ぐことが出来ます。目の下のしわ対策として、おすすめの食品は次のとおりです。

・魚(鮭・鰯・鰹・鯖・秋刀魚など)

若返り成分と言われるオメガ3脂肪酸を含む魚は、アンチエイジングに非常に効果が高いと言われます。しわを作りたくない人は、旬の青魚を積極的に摂りましょう。

・大豆製品(豆腐・おから・高野豆腐など)

大豆製品に含まれるイソフラボンというポリフェノールは、女性ホルモンと似た作用をするので、低下してしまったコラーゲンの生成を助けてくれます。レシチン・サポニンといった成分がコレステロール値を下げ、肝臓のはたらきを強化して、肌の正常なターンオーバーを助けます。

・良質な油(オリーブオイル・ココナツオイル・ひまわり油)

しわのないしっとりしたお肌を作るためには、良質な油が欠かせません。純度の高いオリーブオイルやココナツオイルは、抗酸化作用があり、アンチエイジングに関心の高いハリウッドセレブも積極的に摂っているオイルです。魚と同様、オメガ3脂肪酸も含みます。料理に生かして上手に摂りましょう。

・野菜・果物

野菜と果物は、ビタミンを始め、抗酸化作用を持つ成分の宝庫です。他にも食物の中には熱に弱い、もしくは油との相性の良いビタミンがあります。肉や魚と組み合わせて、しわに効くアンチエイジングメニューを取り入れてみて下さいね。

目の下のしわを悪化させるNG行動

目の下のしわをこれ以上作らない、出来てしまったしわを改善するために、有効とされる対策を見ていきましょう。

◇睡眠不足

睡眠不足はお肌の大敵と言われますが、これは全く言葉通りです。目の下を始め、顔や首に出来るしわは、多少出来てしまっても、毎晩きちんと睡眠が取れていれば、身体の自己修復システムが修繕してくれるからです。睡眠時間が短かったり、眠りが浅かったりして、十分な睡眠が得られていない場合、しわがますます増えてしまうことになります。
1日の疲れはその日のうちに取り、リラックスして、よく眠るようにしてください。

◇飲酒・喫煙

適度な飲酒は、健康にそれほど悪影響はありませんが、一定以上の量を飲む行為が習慣になっていると場合、注意が必要です。過剰なアルコールの摂取は、体内の酸化を促進し、老化の原因となります。またタバコに含まれるニコチンは、人体に非常に有害な物質です。喫煙の習慣は、身体を老化させ、顔にしわが刻まれた「スモーカーズ・フェイス」を作り出します。
いずれも、目の下にしわがある場合は、「すぐにやめる」のが一番です。

◇偏った食事

しわを作らないためには、きちんとバランスの取れた食習慣が必要となります。炭水化物や甘いものの過剰摂取は、身体の「糖化」を招きます。糖化とは、体内で糖とたんぱく質が結びつく現象を指すのですが、この現象が起こると、老廃物が溜まり、肌の弾力を失わせる原因となります。身体の糖化が、肌のしみ・しわ・たるみを引き起こすわけです。
ダイエットのための「糖質制限」の考え方は、一般に広く浸透しましたが、アンチエイジングの観点からも、糖質の過剰摂取はよくないのです。
目の下のしわを何とかしたいという方は、糖質の摂り過ぎにくれぐれもご注意ください。

以上の行動に当てはまる人、もしくは気づかないうちにNG行動を取っている人もいるかもしれません。思い当たるような行動が1つでもあるようでしたら、生活習慣を見直して改善してみて下さい。目の下のしわ対にきっと役立ちますよ。

まとめ

正しい対策でしわをなくしてハッピーな笑顔に!

目の下にしわが出来る原因と、それを取り除く対策についてお伝えしてきました。
日頃何気なく行っている生活習慣を見直し、適切なケアを行うことで、目の下のしわに有効な対策を講じることは十分に出来ます。
諦めずに、出来ることから取り組んでみて下さいね。

この記事は、ライターが収集した情報に基づいて作成されています。効果には個人差がございますので、ご自身の責任でご利用・ご参考ください。

この記事に関連するキーワード

川本 あきこ美容家

放送作家・美容ライター。ロンドンの美容専門学校にてスキンケアアドバイザー、メイクの資格を取得。雑誌、書籍の編集、執筆の傍ら美容専門家としてライター、講師を務める。

Recommend

この記事を見た人にオススメ