私らしいビューティフルライフを見つけよう

すべて 乾燥 乾燥肌にワセリン、相性は本当にいいの?使う前に知っておくべき5つのこと
乾燥

乾燥肌にワセリン、相性は本当にいいの?使う前に知っておくべき5つのこと

さまざまな使い方ができて全身に使用できる万能なスキンケアアイテムとして幅広く人気のワセリンですが、乾燥肌への影響やどのような効果・効能があるかをあなたは詳しく知っていますか?

実は、ワセリンは潤いを与える「保湿」効果ではなく、潤いを逃さない「保護」の働きをするもの。使用方法や分量、使用のタイミングを間違うとせっかくの効き目が台無しになってしまうのです。
その代わり、賢く使用すればお値段以上の効果を発揮してくれるのがワセリンの良いところ。種類も豊富なだけに、使用方法次第であなたのお肌の味方になってくれますよ。ワセリンが肌に与える役割や、使用の裏技など、詳しくお話ししていきます。


ワセリンとは

 まずは、ワセリンがもつ効果・効能や成分、市販されているワセリンの種類をお教えします。なんとなく肌に優しい、トラブルがなく安心だと思い使いこんでいませんか?
ワセリンの良い点を活かし切れていない使い方をしていてはもったいないです。種類豊富なワセリンの性質をしっかり学び、乾燥肌対策に活かしましょう。

ワセリンが乾燥肌にもたらす役割

 乾燥肌の人が使用するスキンケアアイテムの効果として期待するのはまず「保湿」だと思いますが、ワセリンの場合は皮膚に水分を与え保つのではなく、皮膚表面のバリア機能を壊さずコーティングし、水分蒸発を防ぎ、守る役割をしています。
 肌本来に備わっている保湿力、治癒力を活かし、肌を健やかに保つので、肌の弱い人、敏感肌・アトピー肌・赤ちゃんまで幅広く安心して使用できるのです。

ワセリンの成分

 石油の副産物である「ペトロラタムゼリー」を精製し、作られています。種類がたくさんありますが、原料の基本は同じで、ステロイドは使われていません。天然成分でできたものやオーガニック製品は使用期限が短いですが、ワセリンは紫外線や酸素といった外気の影響でも変質しづらい特徴があり、長もちします。

ワセリンの種類

 ワセリン、と聞いてイメージするのはどんなパッケージやテクスチャーのものですか?実は、一般的に販売されているワセリンにもいくつか種類があるのです。
 その違いに迫ってみましょう。

● 白色ワセリン
純度が高い白色ワセリンは、二つに種類が分かれます。1つは「日本薬局方」の基準を満たしたもので、第三類医薬品としてドラッグストアや薬局で販売されています。
もう1つは「化粧油」で、スキンケア化粧品と同じような品質で価格が安く、薬局以外でも手に入ります。

● ヴァセリン
発売元がユニリーバ社のものと、並行輸入品の2種類あり、ユニリーバ社のものは酸化防止剤の酢酸トコフェロール、BHTが配合されているのが特徴です。並行輸入品は酸化防止剤不使用です。
黄色ワセリンとも呼ばれ、精製度が比較的低く、肌が薄い箇所やアトピー肌などトラブルがある場合は刺激を感じることもあります。

● プロペト
プロペトは白色ワセリンの不純物を精製したものです。紫外線に強いワセリンですが、不純物の場合は酸化してしまうことも。精製されたものなら刺激がなく、肌に優しいため、目周りなど皮膚が薄く、赤みがでやすいデリケートな部位に使いやすいのが特徴です。

● サンホワイト
不純物を精製するプロペトをさらに高純度に精製したものがサンホワイトです。肌が弱く、プロペトでも刺激を感じたり赤みやかゆみがおさえられない場合は、サンホワイトの使用をおすすめします。

 ●ベタガード
高純度のワセリンをホホバオイルでゆるめ、さらっとしたテクスチャーが魅力のベタガードは、ワセリンの中でも伸びがよく、使用感が良いのが特徴です。柔らかいので、リップやハンドなどに使いやすいでしょう。

クリームとの違い

 保湿や乾燥対策のケアアイテムといえばクリームですよね。では、スキンケアとして使用するにあたって、ワセリンとクリームはどのような差があるのでしょうか。使用する前にその違いを知っておきましょう。

● 保湿力
ワセリンには石油でできており、保湿成分が入っていません。それに比べ、クリームには、水・油分・そして肌に水分や潤いを与える保湿成分が豊富に含まれているのが特徴です。
ワセリンは肌がもつ潤いを逃がさないようにする保護としての役割をもっていますが、クリームのように外から潤いを与えることはできません。

● 界面活性剤
水と油のような混じり合わない界面に働き、一緒にする役割をするのが界面活性剤です。水分と油分でできている化粧品の多くに使用されていますが、ワセリンは石油からできており、合成界面活性剤ではありません。
洗顔料やクレンジングに含まれている界面活性剤に比べ、クリームに含まれていても肌への影響は低い界面活性剤ですが、敏感肌やデリケートな肌質の場合、安心して使用できるのはワセリンです。

● 副作用
ワセリンには副作用がないといわれています。その理由は、角質層や毛穴の中に浸透しづらく、皮膚に働きかける成分が含まれていないからです。ワセリンの中に残った不純物や、使い続けていく中で混入したホコリや雑菌にアレルギー反応をおこすこともありますが、大きなトラブルの心配はありません。
クリームの場合は香料など、保湿成分や美容成分以外の面でトラブルを起こすことがあるので、デリケートな肌質の場合は、成分をチェックするようにしましょう。

乾燥した肌を保護するワセリンの使い方

 ワセリンは正しく使用すれば乾燥した肌の強い味方となり、肌トラブルを回避し、外的刺激に強い肌に整えることができます。
 そのためには、正しい使い方で使用することが何よりも大事。間違った使用方法で乾燥を悪化させないよう、パーツ別に学んでいきましょう。

スキンケア

 顔に使用する場合は化粧水の後がおすすめです。米粒大1つ分を目安に手の平にとり、包むようによく温め、乾燥が気になる部分に塗布していきます。
化粧水の後にワセリンを塗ることで水分を逃がさず閉じ込めてくれる働きをしてくれますが、大量に塗る必要はありません。クリームに比べ、滑りが悪いのでしっかり温め、優しく伸ばしてください。

ボディーケア

 顔に比べ乾燥しづらい体には、お風呂上がりの濡れた状態に直接ワセリンを塗布しましょう。入浴後、逃げやすくなる皮膚の水分を閉じ込めることができるからです。
また、入浴後すぐは体が温まっていることもあり、ワセリンが伸ばしやすくなるため、ムラなく塗ることができます。乾燥しやすい肘・膝・すね・腕など、気になる部分を中心に薄く伸ばしましょう。

リップケア

 唇表面が皮むけしている場合、ワセリンの効能でもある肌表面を保護する役割が活かされます。少量を優しく塗布することで、乾燥が和らぐでしょう。
しかし、唇がしぼんで見えるほど内側の水分が失われている場合は、リップクリームを使用し、保湿する必要があります。その後、ワセリンでフタをするように使用し、潤いを閉じ込めるのが正解です。
ひび割れや出血がおこり、痛みを感じている状態になってしまったらワセリンは使用せず、皮膚科へ相談しましょう。

乾燥肌が悪化する?厚塗りに注意

 バリア機能を高め、皮膚表面を保護する役割をするワセリンですが、水分を逃さないようにしたいと思うあまりにベタベタと塗ってしまうのはNGです。
なぜなら、皮膚は潤いだけでなく、不要なものも外へ出そうとする働きがおこっているから。ワセリンを塗りすぎることで皮膚に負担がかかってしまい、肌代謝が悪くなり、乾燥が悪化することもあるのです。
角質層に存在する天然保湿因子を抱え込みすぎず、密閉させないように、ワセリンは少量を良く伸ばすように使用しましょう。

便利!乾燥肌でも使用できる万能ワセリンの裏技

 最後に、スキンケアやボディーケア以外にも知っておくと便利なワセリンの使用方法をお教えします。
 敏感肌やアトピーといったトラブルにも副作用がほとんどないワセリンなら、意外な使い方でも安心して使用できるのです。

花粉予防

 肌表面を覆い、バリア機能を活かす役割をするワセリンは、花粉対策に役立ちます。綿棒に少量のワセリンをとり、鼻の穴の入り口に塗布してください。そうすることで、花粉の侵入を防ぐことができるのです。
 花粉による目周りのかゆみにも効果を発揮するので、目の下や周りにも薄く塗ってあげましょう。

ネイルケア

 ワセリンはささくれのような皮むけを治すのに適したアイテムです。就寝時に爪周りにワセリンを薄く伸ばし、手袋をして寝ることで、翌朝には肌表面がなめらかな状態に戻るでしょう。
 お風呂上がりの濡れた状態に、体だけでなく爪先まで塗布するのもおすすめです。乾燥を防ぎ、潤いが逃げづらくなる手先を叶えることができます。

赤ちゃんにも使える

 汗腺が多く、汗をかきやすい赤ちゃんは水分蒸発が激しく、乾燥しやすい肌質です。オムツかぶれや衣服との接触で肌トラブルが起こった場合の部分ケアには、ワセリンを使うとよいでしょう。
 肌本来がもっている保湿成分を守り、活かしてくれるので、赤ちゃんにぴったりなのです。

練り香水

 肌が弱く、香水や香料の強いボディークリームが合わない人は、ワセリンを使用して練り香水をつくってみてはいかがでしょうか。
 白色ワセリン、好きなアロマオイルや香水、クリームケースを用意し、混ぜ合わすだけで簡単に肌に優しい練り香水をつくることができるのです。
 香りの量を自分好みに調節できますし、少量を繰り返しつくることで衛生面においても安心です。

メイク直しのポイント落としに

 朝慌ててメイクをしていてウォータープルーフのマスカラが目の下に・・・メイク直しをしていたらアイラインが太くなり過ぎた・・・と、失敗した経験はありませんか?そこで役立つのがワセリンです。

 余分に肌についてしまったマスカラやアイラインが乾ききったら、綿棒にワセリンを少量のせ、塗布します。少しおいてから綿棒で軽く拭きとるようにおさえれば、肌についてしまったマスカラやアイラインがするりと落ちてくれるのです。
 慌ててクレンジングしてしまうと、部分的に保湿する必要がありますが、ワセリンにはその必要がありません。慌てて擦ってしまうと摩擦にもなり、乾燥を引き起こしてしまうので、ワセリンの使用で簡単に潤うメイク直しを試してみてくださいね。

まとめ

 ワセリンの特徴でもある、肌を保護する役割を活かした使用方法を守れば、肌の乾燥対策に役立ち、潤う肌の味方になります。
 スキンケア・ボディーケアとしての使用はもちろん、肌に優しい万能アイテムとしてさまざまなアレンジも可能です。
 お守りがわりのケアアイテムとして、正しい使い方で使用してくださいね。

この記事に関連するキーワード

加恵美容家

10年のアパレル勤務を経て美容ライターに。年齢や体の変化と上手に付き合えるヘルシーな美容法を発信していきます。コスメを手作りすること、香りコスメを集めることが大好き。日常に取り入れやすいシンプルケアにトレンドを取り入れながら日々、美を追求し続けています。

Recommend

この記事を見た人にオススメ