すべて 乾燥 コンタクトのかすみ目は乾燥のサイン?ドライアイへの5つの対策と予防方法
乾燥

コンタクトのかすみ目は乾燥のサイン?ドライアイへの5つの対策と予防方法

長時間コンタクトを装着していると目がかすんで視界が悪くなることはありませんか?

かすみ目の原因はさまざまありますが、目が乾燥するドライアイの可能性があります。

今回はドライアイになってしまった時の目の乾燥対策や、目を乾燥させにくいコンタクトの選び方、ドライアイを未然に防ぐためのケアの方法についてご紹介します。

コンタクトレンズ装着時の目の乾燥に注意

コンタクトレンズで目がかすむ原因

コンタクトレンズをつけていてピントがずれたりぼやけたりした経験のある人は多いはず。
この不快な症状にはいくつかの原因が考えられます。

・目が乾燥している
コンタクトレンズを使っていると必ず付いてくる悩みのひとつ。ドライアイともいわれます。

・レンズが汚れている・または変形している
コンタクトレンズの洗浄や保管が不十分でレンズが劣化している可能性もあります。
使い捨てのレンズなら速やかに交換を。違和感が続く場合には眼科を受診しましょう。

・レンズが自分の目の形にあっていない
コンタクトレンズのカーブが目の形にフィットしていないと乾燥の原因になります。眼科を受診し、自分の目の形にあったコンタクトレンズを処方してもらいましょう。

・目の酸素不足
コンタクトレンズをつけたまま寝たり長時間装用すると、角膜に酸素がいきわたらず視界がぼやけることがあります。

・コンタクトの度数があっていない
もしかしたらコンタクトを処方された時よりも目が悪くなっているのかもしれません。眼科での定期検診を忘れずに受け、度数のあったレンズを使用しましょう。

・目の病気の可能性
症状が長期化して、改善されないときにはシェーングレン症候群などの病気が考えられます。少しでも心配な時には必ず眼科を受診しましょう。

ソフトコンタクトレンズは目を乾燥させやすい

ソフトコンタクトレンズを使用している場合には特に目の乾燥を感じやすくなる傾向があります。

ソフトコンタクトの素材はもともと水分を含んだ「含水性素材」というものでできています。濡れたスポンジをイメージするとわかりやすいのですが、長時間空気に触れていると乾燥していきます。そしてスポンジの周りに水分があればその水分を吸収してしまうのです。

ソフトコンタクトを装用している時にもこの状態が起こります。

時間が経過して乾燥したコンタクトレンズが眼球の水分を吸い取ってしまうため、目の乾燥を引き起こします。

目が乾燥する原因とは

目が乾燥し、ドライアイを引き起こす要因には以下の事柄が挙げられます。

・長時間にわたるPCやスマホの使用
・ストレスや不規則な生活
・加齢・老眼
・コンタクトの使用時間が長すぎる

PCなどの画面を長時間見続けていると瞬きの回数が減り、涙が蒸散しやすくなります。

そのほかの要因も涙の分泌を減少させたり涙を蒸散させたりするものばかり。
眼球の涙の量が不足することが目を乾燥させる原因なのです。

身近な目の病気「ドライアイ」とは

ドライアイとはどんな病気?

ドライアイは涙の量が減少したり、涙の質のバランスが崩れることで、眼球に涙がいきわたらなくなる病気です。

涙は目の表面を覆うように潤し、目を守るバリアの役割を果たしています。

また、まばたきは涙を分泌させるための刺激となり、眼球の表面に涙をいきわたらせる働きを持ちます。

涙の量が不足すると乾燥した角膜に傷がつく場合もありますので注意が必要です。

こんな症状が出たらドライアイかも

目がかすんだり乾燥するのがドライアイの主な症状。

しかしドライアイになるとそのほかにも症状が出ます。

・目がごろごろする
目を乾燥や刺激から保護する涙の量が減ったり涙の質のバランスが悪くなると目に異物感を感じることがあります。

・目が疲れる
目が乾燥して眼球の表面に傷がつくと目の疲れを感じる場合があります。
我慢できないほどではないからと症状を放置せず、眼科で診察してもらうことをお勧めします。

ドライアイになったときの対策方法

まばたきの回数を増やす

ドライアイになってしまったらどのように対処したらよいのでしょうか。
対策はいろいろとありますが、まずはまばたきの回数を増やすことを心がけましょう。

まばたきには涙の分泌を促したり、分泌された涙を均等に目の表面にいきわたらせる働きを持っています。

他にも乱視による焦点のブレを修正したり、角膜についた汚れをぬぐう役割も。

意識的にまばたきを行う場合には、日常で行っている軽いまばたきではなく、しっかり瞼を閉じるようにしましょう。

目薬を使用する

目薬で人工的に涙の成分を補うのも乾燥には効果的です。

目薬を使用する際にはコンタクトレンズに対応したものを選ぶようにしましょう。

ドライアイの人は、目薬に含まれている防腐剤の成分を涙で流し落とすことができません。そのため防腐剤が目の表面に残り、眼球や角膜を傷つけてしまうこともあります。

ドライアイで目薬を用いるときには防腐剤の配合されていない目薬がおすすめです。
ドラッグストアなどで売っている市販品でも防腐剤不使用のものがありますし、病院を受診すれば目の症状に合った目薬を処方してもらえます。

装着液を使用する

コンタクトレンズを装着する際にレンズの上に垂らして使用する「装着液」も目の乾燥には有効です。

目薬はコンタクトレンズの上から点眼しますが、装着液は目とコンタクトレンズの間にとどまった成分がクッションの役割を果たします。
保湿成分が含まれている装着液もありますので、目薬だけではいまいち乾燥の改善を実感できないという人にはおすすめ。

3-4.乾きにくいコンタクトレンズを使用する
ソフトタイプのコンタクトレンズでも、製品によって乾燥のしやすさや度合いには大きな差があります。
高い保湿効果を謳った製品を試してみるのもひとつの方法です。

コンタクトレンズには水分含有量の高いタイプと低いタイプがあります。一見水分含有量が高いレンズの方が乾燥に強そうですが、水分含有率が高いと時間がたつごとに目の水分を奪ってしまい乾燥するケースが。

ドライアイ対策のコンタクトレンズには水分含有量が低いレンズか、もしくはシリコーンハイドロゲルという素材を使ったレンズを選ぶとよいでしょう。

乾燥に強いコンタクトレンズの選び方

コンタクトレンズにはグループがある

日本で発売されているコンタクトレンズは、コンタクトのレンズ自体の水分含有率の高低、加えてレンズのイオン電荷の有無を基準とし、「高含水」「低含水」「イオン性」「非イオン性」の4つのグループに分けられています。

レンズ自体にどれだけの水分が含まれているかを示す数値を「含有率」と言い、50%を超えるものを「高含水コンタクトレンズ」、50%以下のものを「低含水コンタクトレンズ」と呼びます。

これはソフトコンタクトレンズにのみ用いられるもので、水分が一滴も含まれないハードコンタクトレンズには含水率の概念がありません。

それぞれのグループの特徴を次の項目でご紹介します。

コンタクトレンズの4つのグループの特徴

・高含水コンタクトレンズ
レンズ自体に水分が多く含まれているため、素材が柔らかく使用感が良いのが特徴です。

一方でレンズから水分が蒸発しやすく、目から涙を奪ってしまうため乾燥感を感じやすくなります。

酸素を透過しやすいので目にかかる負担が少なくてすみます。

・低含水コンタクトレンズ
もともとレンズ自体の水分が少ないため蒸散しにくく、装着時に乾燥感をあまり感じないのが特徴です。

高含水のコンタクトレンズに比べて装用感が劣ります。

・イオン性
レンズがイオン電荷をおびいている素材を用いたコンタクトレンズです。

非イオン性の素材に比べ、酸素の透過性が高く、装用感が快適。

一方でレンズが汚れやすく耐久性に劣ります。また、タンパク質が付着しやすいので汚れやすく、こまめに手入れをする必要があります。

ケアを怠ると角膜を傷つけるリスクも。

・非イオン性
イオン性のレンズ素材に比べて汚れにくく、耐久性に優れています。

その反面、酸素透過性が低いため、目の形にフィットしたものを装着しないと角膜にかかる負担が大きくなります。

高含水と低含水、目の乾燥に効果的なのはどちら?

目に装着した時の快適さは高含水コンタクトレンズに軍配が上がります。
しかし目の乾燥を防ぎたいときには低含水コンタクトレンズを選ぶほうが良いでしょう。

また高含水レンズは低含水レンズに比べると汚れに弱く、細菌が繁殖しやすい条件を持っています。衛生的にも低含水レンズの方にメリットが大きいと言えますね。

ただし高含水レンズの中には特殊加工を用いて乾燥への耐性を持たせているものもあります。装着感の良さなどの条件も参考にしながら、複数の要素を含めて選択することをおすすめします。

含水率と素材の組み合わせでコンタクトを選ぼう

コンタクトレンズを選択する要素のひとつに素材があります。

現在ではメーカーから様々な種類の素材を使ったコンタクトレンズが発売されています。厳密に分類すると細分化されてしまいますので、この項目では大まかに2つのグループに分けて説明します。

・普通の素材
目から外したまま放置しておくと、レンズが乾燥してパリパリになってしまう素材です。

・シリコーンハイドロゲル素材
目からレンズを外したまま放ってておいてもパリパリになることはありません。普通の素材に比べて粘度の高い質感が特徴です。

水よりも多くの酸素を透過することができます。

高含水レンズと低含水レンズのどちらを選んだらよいかは、先に述べた2つの素材によって変わります。

例えば低含水レンズの場合、普通の素材を使用したものだと装着感がよくありません。

一方でシリコーンハイドロゲル素材を使用すると含水率の低い方が酸素を多く通すため、低含水レンズと組み合わせるメリットが大きくなります。

コンタクトレンズを選ぶ際には、レンズにどの素材が用いられているのかをチェックしたうえで専門医やスタッフと相談しましょう。

ドライアイにならないために日ごろからケアを

目に休息をあたえる

ドライアイを予防するためには、長時間目を酷使することを避け、定期的に目を休める時間を作ることが大事。

特にPCやスマホをよく使う人は1時間おきに10分ほど目を休めると効果的です。

PC使用時の環境を整える

PCやスマホの画面から発せられるブルーライトの光を長時間浴びると目が乾燥しドライアイを引き起こします。

そこでPCを使用する際の環境を整え、目の乾燥を抑えましょう。

まずディスプレイの位置は視線よりもやや下向きになるように。

目からディスプレイまでは40~50㎝ほど離して使用しましょう。目とディスプレイの距離が近いと、視線の移動が大きくなり疲れ目の原因となります。

加えて前かがみの姿勢は肩や首のコリを引き起こし血行不良が目の乾燥を進ませますので注意しましょう。

またディスプレイが明るすぎても目を疲れさせます。特に部屋よりもディスプレイの方が明るいと目に負担がかかります。画面の彩度を適度に下げ、外の光が画面に映り込んだり反射しないように設置するとよいでしょう。

室内の湿度をたもつ

冷房や暖房など、エアコンの効いた部屋も目を乾燥させドライアイの原因となります。

エアコンを使用する場合には加湿器を併用したり、定期的に窓を開けて空気を入れ替えるなどし、室内の湿度を一定に保つよう心がけましょう。

部屋の湿度の目安は60%です。

もしオフィスなどで自分に快適な湿度環境を作れない場合には、目薬を利用して目の乾燥を防ぐのがよいでしょう。

そのほかにもコップに水を入れておいておくなどし、エアコンの風が直接当たらないように工夫をしましょう。

規則正しい生活習慣

日常生活のリズムや習慣も見直してみましょう。

不規則な生活やストレスは体にも目にもよくありません。

またタバコを吸う人も注意。タバコの煙が目に入ると涙を分泌して洗い流す必要があるため、ドライアイの人には負担がかかります。

アルコールも取りすぎると目の乾燥を招きますのでほどほどにとどめましょう。

目を温める方法

目を冷やさない、温めるのも目の乾燥には効果的です。

目の角膜を構成する細胞は35℃が最も働きが活発になるため、アイピローや蒸しタオルで目を温めることで角膜の細胞を活性化させましょう。

・蒸しタオルを使った目の温熱療法
①タオルを水で濡らしてから硬く絞る
②電子レンジで約1分間温める
③好みの温度になったら目をつぶってまぶたに1分間以上乗せる

日頃のケアを行いながら、目に合ったコンタクトレンズを選びましょう

コンタクトレンズを装着することによって目が乾燥するドライアイ。目のかすみやピントのずれ、ゴロゴロとした不快感などを引き起こします。

ドライアイは涙の分泌が低下したり涙の質のバランスが悪くなる「涙のトラブル」で、まばたきを意識的に行ったり、目薬や装着液を使用することで症状を和らげることができます。

またコンタクトレンズも装着感だけでなく目の乾燥を抑える効果があるものも流通していますから、目の乾燥対策ケアを丁寧に行いながら、自分の目に合ったレンズを選ぶとよいでしょう。

この記事に関連するキーワード

BEMORE編集部美容家

BEMORE編集部公式アカウント

Recommend

この記事を見た人にオススメ