すべて 乾燥 首の乾燥は老けの大敵?ネックケアで必ず押さえたい2つのポイント
乾燥

首の乾燥は老けの大敵?ネックケアで必ず押さえたい2つのポイント

首のシワやたるみは、年齢よりも老けて見える要注意のシグナル。30歳を超えたらしっかり首まわりの乾燥対策を行うことで若々しい首筋を保つことができます。

今回はネックケアにおすすめの成分や正しいケアのやり方に加え、首のシワ予防のスペシャルケアやシワができたときの応急処置マッサージなどをご紹介します。

首のシワは老けて見えやすい

首のシワがなぜ老けて見えるのか

うなずいたり横を向いたりと、想像している以上に動きが多いのが首。

上下左右の首の動作を繰り返すことによって同じ位置にシワが刻まれていきます。これが首の横ジワです。

一般的には高さの合わない枕や不自然な寝姿勢によって首の横ジワができると言われていますが、実際のところはあまり関係がありません。横ジワは子供や10代の若者にもあります。

また、横ジワに関してはスキンケアでは消すことは難しいのです。

首のシワは、できる原因や縦横の向きによってなど、いくつかの種類に分けることができますが、
主に

・肌が乾燥したりハリが失われたことによってできる細かい縦ジワ
・皮膚の真皮が衰えてできる深い縦ジワ
・首の動作によって皮膚が折りたたまれてできる横ジワ

などがあります。

縦ジワは肌が乾燥してハリを失い、くしゃくしゃと寄っている状態のことです。

縦ジワを放っておくとどんどん状態が悪化。でき始めのうちはカサカサ肌で透明感が失われただけのように見えているだけでも、次第に細かいちりめんジワになり、年寄り独特のシワシワな首元になってしまいます。

実はこの縦ジワが、老けて見える原因になっているのです。

ですからエイジングケアで気を付けなければいけないのが縦ジワ。なぜ縦ジワはできるのでしょうか。

首は顔の皮膚に比べると皮脂腺が少ないため肌を保護するための皮脂膜を張る力が弱く、保湿のスキンケアをしないと潤い肌をキープできません。

また降り注ぐ紫外線に加えて地面からの照り返しの紫外線が肌に蓄積すると、ハリを保ってたるみを防ぐコラーゲンの働きが低下します。保湿不足で乾燥している首に紫外線ダメージを受けることで、縦ジワがますます進行してしまうのです。

首にシワができる原因

首が乾燥しやすくシワができやすいことは先に述べましたが、首のシワがどのようなメカニズムでできるのかを理解しておくと対策が立てやすくなります。

・加齢によるコラーゲンの減少
年齢を重ねると、お肌に含まれるコラーゲンが少なくなっていきます。
それは加齢による新陳代謝の衰えが原因。若く新陳代謝が活発なお肌には次々と新しいコラーゲンがつくられますので、古く硬くなったコラーゲンは肌にとどまらずターンオーバーの中で排出されます。

新陳代謝が衰えて古いコラーゲンがお肌に蓄積して硬くなると、弾力を失ってシワやたるみを引き起こします。

またコラーゲンが少なくなると肌に水分をため込む力が弱くなり、ハリや弾力が失われていきます。

・肌の乾燥
首の皮膚は顔よりも薄いため、乾燥しやすい部位。そのうえ首には汗腺が多いので汗をかきやすいという特徴があります。

汗が乾くときに皮膚表面の水分を奪ってしまうため、より乾燥が進みやすいというリスクが。

肌の水分が減少すると肌はしぼんでしまいますので、キメが粗くツヤもハリも減少。細かいシワができてしまいます。

首を乾燥させないための対策

首の皮膚は乾燥しやすい

首は顔の肌と一つながりではありますが、顔の皮膚とは構造が異なります。
顔には肌の真皮と骨をつなぐじん帯があります。じん帯が柱の役目をして肌をしっかりと支えるため、肌のたるみを防ぎます。

もちろん加齢や肌環境によって顔の肌も真皮のコラーゲンが失われ、シワやたるみが出ることがありますが、じん帯がそれを食い止める働きをしているのです。
一方首にはじん帯がありません。肌を支えているのは皮下組織にあるコラーゲンネット。乾燥や加齢によって首の皮膚からコラーゲンが失われると、表面の肌にも影響が表れ、深く太いシワが現れるのです。

また、首は体の中でも皮膚が薄いため乾燥しやすい部位であることは先に述べた通り。

その薄さは顔の皮膚の半分で、卵の薄皮程度の厚みしかありません。加えて上下左右に動かすことの多い部位ですからよりシワが刻まれやすいのです。

また肌が乾燥する要因には紫外線ダメージによるものも。顔に日焼け止めをしっかり塗る人は多いですが、首周りは案外塗りムラ・塗り忘れが起こりがちです。

紫外線にはA波とB波があり、このうちの紫外線A波は肌の内部、真皮層まで届いて肌を保水しているコラーゲンを壊してしまいます。

日焼けによってコラーゲンが減少すると肌の弾力が減ったりシワが出たりという状態が発生。

このような乾燥肌を防ぐためには、首元やデコルテもしっかりと保湿することが大事です。

スキンケア時に首までしっかり保湿

乾燥によりできてしまった首のシワ対策は、何をおいても保湿です。

毎日のスキンケアの際には顔と同じように丁寧に保湿しましょう。首は顔の2倍もの量の汗腺があるため表面がべたつきやすいのですが、汗が蒸発する瞬間に肌表面の水分が失われるため、乾燥肌の一種であるインナードライを引き起こしやすい場所でもあります。

また皮膚が薄く、たるみのリスクが大きい部位ですので、顔のスキンケアをする際には化粧水や美容液、乳液などを使って顔と同様、念入りにお手入れをしましょう。

顔のお肌にはたっぷり化粧水やクリームをつけているのに、首には余った化粧水やクリームを軽く塗るだけ…という人も多いのでは。

スキンケアの時には、首やデコルテまでが顔だと思ってケアするとよいでしょう。

特に首の乾燥やシワが気になるときには、朝晩のスキンケアのタイミングだけでは保湿が間に合わないことがあります。

日中から寝る直前、夜中に起きたときなど、気づいたときにこまめに乳液やクリームをたっぷりと使ってこまめに保湿したいものです。

少しやりすぎかな?と思うくらいまめに首の保湿をしていると、次第に肌の潤いが戻りシワが目立たなくなってきます。

乾燥から首を守るネックケアの方法

首の乾燥に効果が期待できる成分

20代のお肌であれば首のケアは保湿化粧水だけでも十分潤います。ですが30代を超えたら、意識的に首の乾燥対策、すなわち保湿を強化していきましょう。

基本的には顔のスキンケアで使用する基礎化粧品を首にも使用してかまいません。首の肌質と顔の肌質は似ていますので、自分の肌に合った成分を選ぶようにしましょう。

年齢を重ねるほど肌は乾燥しやすくなりますので、化粧水で水分を補った後には必ず保湿効果の高い美容液やクリームを使うようにしましょう。

水分と油分を重ねて補うことで肌のバリア機能が保たれますので、ターンオーバーの周期が正常に機能することにつながります。

また基礎化粧品を選ぶ際には、乾燥やシワに効果の高い成分が配合されたものを選ぶとよいでしょう。

首の乾燥に特に効果的な成分

・セラミド
人間の肌に存在する保湿成分で、肌の保水力を高める効果があります。敏感肌の人は特にセラミドを補うアイテムを選ぶのがおすすめ。

セラミド配合の基礎化粧品は化粧水からクリームまで多岐にわたりますが、油溶性であるというセラミドの特性を考えた場合、美容液やクリームなど、油分の高いものを使った方がより効果を期待できます。

セラミドのほかにも、以下の成分が保湿に効果的です。
・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・プロテオグリカン
これらは水溶性の成分ですから、化粧水のアイテムを選ぶのがおすすめです。

首のシワ対策

・ビタミンA
別名レチノールとも呼ばれるアンチエイジング成分です。コラーゲンの生成を促進し、肌の状態を整える効果があります。

・ビタミンC
ビタミンCと一緒に、ビタミンCをより肌の深層部まで浸透させるビタミンC誘導体が配合されているものがおすすめ。

ビタミンCは美肌成分として広く知られていますが、ビタミンC誘導体を含む美容液やクリームには深いシワまで効果が期待できます。
有効性の高い成分ですが、敏感肌の人は使用を控えた方がよいでしょう。

・ナイアシン
新陳代謝を促しながらコラーゲンの生成を助ける成分で、肌への負担が少ないのが特徴です。

敏感肌でビタミンC誘導体配合のアイテムが使用できない人は、ナイアシンが配合されたアイテムを使うのがおすすめです。

首の保湿ケアのやり方

首の乾燥改善に効果的な保湿ケアの方法をご紹介します。

使用するアイテムは顔のスキンケアアイテムと一緒。化粧水や美容液、乳液、クリームやオイルといった、普段使っているもので構いません。

ちなみに首のケアだけを集中して行いたい人はネックケア専用のマッサージクリームやジェルを使用するのもおすすめです。

顔部分にそれぞれのアイテムを塗り終わったあとに首回りまでしっかりと伸ばしましょう。

首の保湿ケアをする際に大事なポイントは、顔部分と同等、またはそれ以上に肌をやさしく扱うこと。

化粧水を使う場合にはたっぷりと手やコットンにとって、やさしく肌に滑らせます。保湿成分を浸透させるイメージで、じっくりと肌へ押し込むようにプレスしながら首全体に化粧水をつけましょう。

美容液や乳液を塗る際にも同様です。

保湿クリームは肌に塗る前に掌にとって温めましょう。テクスチャーの伸びがよくなり肌に浸透しやすくなります。
そのあと首の数か所にクリームを置いて、首全体になじませていきます。
乾燥やシワが気になる部分があれば重ね塗りをしてもよいでしょう。

首の保湿ケアをする時に案外忘れやすいのが首の後ろ。目に入りにくい場所ですが、紫外線が当たりやすいので乾燥しやすいのです。

首のシワ予防やシワができたときのスペシャルマッサージ

シワ予防のリンパマッサージ

首の皮膚の代謝が悪くなると、乾燥やシワ、たるみの原因に。

そこでリンパマッサージをして血流を上げ、老廃物や毒素をしっかり排出し、代謝力を上げましょう。

この項目では首の乾燥やシワの予防になるリンパマッサージのやり方をご紹介します。
リンパマッサージを行うタイミングはお風呂上り、スキンケアが終わったころがおすすめ。

身体が温まっているので巡りがアップします。
首やデコルテのリンパマッサージを行うのは、胸鎖乳突筋の周辺です。

・胸鎖乳突筋の場所
顔を少し横に向けてみましょう。耳の後ろから鎖骨のくぼみに向かって筋が出ますね。これが胸鎖乳突筋です。

・リンパマッサージのやり方

    1. 首全体にまんべんなくマッサージクリームを塗ります。マッサージオイルでも構いません。肌の滑りをよくするのが目的です。
      耳の下を、人差し指、中指、薬指の3本を使ってゆっくりと指圧します。
      胸鎖乳突筋(耳の下から鎖骨に向けて)をマッサージします。
       人差し指と中指で胸鎖乳突筋を挟み、上から下に向かって撫でさすりましょう。
      鎖骨のくぼみから鎖骨の下部分を、肩に向けて撫でさすりましょう。
      最後に、鎖骨の終点から脇に向かって撫でさすります。
      脇には大きなリンパの流れがありますので、老廃物を集めて流すイメージで。
  • ・リンパマッサージで老廃物を輩出して代謝を上げる。
    ・具体的なやり方とポイントを説明

    シワやたるみを消すためのマッサージ

    首の乾燥を防ぎきれずにシワやたるみが生じてしまった時にも慌てる必要はありません。
    できてしまったシワを目立たなくするマッサージを行いましょう。
    リンパマッサージを先に行い、首回りの血流が良い状態で行うのがおすすめです。

    ・シワを目立たなくするマッサージのやり方

    1. てのひらにマッサージクリームやマッサージオイルを取って、手の中で温めてから首に伸ばします。コラーゲン系の美容液を使ってもよいでしょう。
      ②斜め上向きに顔を上げた状態で、首の中心部分を、鎖骨の上かあごにかけて下から上に向かってさすります。
       首にできた縦ジワを伸ばすようなイメージで行いましょう。
      次に横ジワを伸ばすイメージで、首の中央から外に向かってやさしくさすります。
  • デリケートな首を乾燥から守ってシワやたるみを予防しましょう

    動く範囲が大きく、皮膚の薄い首は水分が逃げやすく乾燥肌になりやすい場所です。
    そのうえ老化のサインがあらわれやすい部分でもありますので、エイジングケアを兼ねた保湿対策は万全にしておきたいもの。

    セラミドなど、保湿効果の高い成分をクリームや美容液でしっかり補いながら、顔の一部として首やデコルテもしっかりとケアしましょう。
    リンパマッサージなどのケアも取り入れながら肌の潤いをキープし、シワやたるみ予防をしてくださいね。

    この記事は、ライターが収集した情報に基づいて作成されています。効果には個人差がございますので、ご自身の責任でご利用・ご参考ください。

    この記事に関連するキーワード

    BEMORE編集部美容家

    BEMORE編集部公式アカウント

    Recommend

    この記事を見た人にオススメ