すべて 乾燥 眉間だけ乾燥する3つの原因とは?しわを無くしてハリとツヤをとり戻す対策とスキンケア
乾燥

眉間だけ乾燥する3つの原因とは?しわを無くしてハリとツヤをとり戻す対策とスキンケア

ノーマル肌やオイリー肌で乾燥とは無縁なはずなのに眉間の皮むけやカサつきが気になる・・・そんなことはありませんか?おでこや鼻周りはあぶらっぽく、テカっているからこそ、同じTゾーンにある眉間だけが乾燥するのはなぜなのでしょうか?

また、普段前髪で隠れているパーツだからこそ、表情のクセでできる縦じわだけでなく細かい横じわがあることに気が付いていないことも。

皮脂量の多いTゾーンだからこそ乾燥する原因を知って、見合った見合った対策やスキンケアをとり入れていきましょう。

眉間の特徴

頬周りやおでこなど、面積の広い部分や目元・口元といったしわやたるみが気になりやすい部分に比べ、眉間の皮膚はどんな特徴があるのでしょうか?気になる皮脂の量や乾燥するのはなぜかを知っておきましょう。

眉間の皮膚

皮脂腺が多いTゾーンにある眉間の皮膚は、皮脂分泌が多く、テカりを感じやすい皮膚構造をしています。しかし、季節の変わり目や紫外線、外気の影響などで乾燥を感じると皮脂の分泌バランスは崩れやすく、さらに乾燥から肌を守ろうとする働きが加わることで毛穴詰まりを起こすこともあるのです。

また、眉間はこのようなインナードライの状態だけでなく、表面にも乾燥が出やすい部分。過剰な皮脂分泌を潤いだと勘違いし、スキンケアを怠ることや皮脂を拭いすぎることで必要な皮脂まで奪われ、肌表面も乾燥が目立ってしまうのです。

皮脂量と乾燥の関係

注意したいのは、皮脂分泌が多いパーツだからといって乾燥しないというわけではない、ということです。肌の潤いは水分量と皮脂量がバランスよく備わっていることで保たれます。つまり、油分で補うだけでなく、水分を蓄える力も乾燥を防ぐのに必要なのです。

眉間の皮膚が分泌する皮脂はバリア機能となり、外的刺激から皮膚を守る役割がありますが、何もしないでいると肌内部の水分量は保たれず、乾燥を引き起こしてしまうのです。

眉間が乾燥する3つの原因

皮脂を分泌しやすい眉間ですが、肌内部の水分が逃げてしまうと肌は乾燥してしまいます。他のパーツは潤っているのに眉間だけ皮むけや肌表面のカサつきが目立つ・・・ということも。

乾燥を感じやすい秘密、それは眉間ならではともいえる3つの大きな原因にありました。

紫外線

鏡で自分の顔を見てみてください。眉間は顔の中でも高い部分にありますよね?眉間は、実は紫外線の影響を受けやすいパーツなのです。

長時間外出していると日焼け止めやUVカット成分入りのファンデーションを塗り直し、紫外線対策をしているつもりでも、ついつい頬周りやおでこなど面積の広い部分に意識がいきがちで、眉間部分をきちんと塗れていないということも。

紫外線によるダメージは日焼けだけではありません。肌の深い真皮層にダメージをもたらし、体内を酸化させ、乾燥・シミ・しわ・たるみなど、肌老化を進行させてしまうのです。

スキンケア不足

毎日のスキンケアはどのように行っていますか?おでこ、頬、目・口・鼻周りなど、パーツごとに化粧水やクリームを伸ばし、浸透させていく中で、見落としがちなのが眉間の部分です。おでこに塗布する際にササっと済ませていたり、浸透させているつもりでも化粧水の量が足りていないなど、水分不足になっているケースも。

スキンケアが眉間にまで行き届いてない場合、ていねいにケアするだけで見違えるように潤う見た目に変わりますよ。

カミソリや毛抜きによる刺激

眉毛を整える際に眉間の産毛やムダ毛が気になり、カミソリやシェーバー、毛抜きで処理していませんか?カミソリやシェーバーで剃ること、そして毛抜きで抜くという行為は、実は角質を削っていたり、肌表面を傷つけているのです。

また、処理した後にそのまま何もしないでメイクをしてしまうのもよくありません。シェービング後の肌は摩擦によるダメージが原因で乾燥を引き起こしやすい状態なので、処理をした後にしっかり保湿をする必要があります。

眉間のしわの種類

眉間が乾燥することによって、目立ってくるエイジングサインといえば「しわ」ですよね。乾燥による小じわだけでなく、小じわが治らないことで深くなってしまったしわも厄介です。

眉間にできるしわの種類を学び、これ以上目立たないようケアに繋げていきましょう。

乾燥しわ

表皮が乾燥し、バリア機能が低下したことで潤い不足になった皮膚にできる細かいしわを言います。眉間の小じわは気が付かないことも多く、メイク後や外気に触れる環境で長く過ごすと出やすいのでこまめな保湿が大事です。

表情じわ

目、眉の動きによってできるしわで、眉間に縦しわがくっきりと出ている場合、表情のくせによるものです。特に眉間のしわは怒っているとき、機嫌が悪いときにできませんか?全くしわを寄せないようにするのは難しいですが、ストレスをためないよう過ごすことが表情じわを深くさせない近道なので、意識しておきましょう。

たるみじわ

たるみじわは目元や口元に出やすいのですが、眉間の場合はおでこの筋肉が衰えることで額が下がり、しわが寄ることがあります。

おでこを下げないためにはスキンケアで保湿、表情筋を意識して眉を動かすほかに、頭皮を柔軟にしておくことも重要です。頭皮が硬いと繋がっているおでこが負担を感じ、下がってくることで眉間のしわにも繋がりますので、頭皮マッサージやこまめなブラッシングもとり入れてケアしていきましょう。

眉間の粉吹きが治るスキンケア方法

それでは、粉が吹くほど乾燥してしまった眉間を徹底的にケアしていきましょう。まずは基本となるスキンケアです。

効果的な美容成分

皮脂分泌が多い眉間ですが、バリア機能を失うと水分は逃げやすくなってしまいます。バリア機能を回復する保湿成分「セラミド」、そして、水分を保持し潤う肌にする「ヒアルロン酸」が配合されている化粧水や美容液をスキンケアにとり入れましょう。

化粧水をじっくり浸透させる

普段あなたはどのように化粧水を肌にのせていますか?パパっと済ませていると、面積の広い部分や目・口元に意識が行きがちで、実は眉間はケアを逃しがちなパーツなのです。

鏡をしっかり見ながら、おでこから伸ばすのではなく、おでこが終わったら眉間、といったようにパーツを分けて化粧水を塗布してください。面積が狭いパーツなので化粧水を浸したコットンをのせ、パックにするのもおすすめです。

化粧水がしっかり浸透すると肌が柔らかくなり、しわの出来にくい肌になります。美容液やクリームの美容成分も浸透しやすくなるので、化粧水はていねいに与えてあげましょう。

潤いが戻る保湿方法

保湿も化粧水と同様、見落としがちなので鏡をみながらていねいにしていきましょう。化粧水がしっかり浸透してから美容液やクリームを塗布してください。

少し手のひらで温めてから乾燥小じわに沿って塗ることで、保湿成分が肌に入りやすくなります。

眉間で若さが決まる!ハリツヤ対策

眉間のしわやハリの無さを気にすることなく、前髪を上げて額を見せられるのは若さが保たれている証拠です。眉間で若さが決まるといっても過言ではありません。ピンとした目元や口元を育てるのと同じように、眉間のエイジングケアにも力を入れていきましょう。

効果的な美容成分

ハリや弾力を保つには、皮膚の深い部分、真皮に働く美容成分が有効です。特にハリケアに有効な成分である「コラーゲン」や「エラスチン」は加齢とともに失われがちなので、基礎化粧品から配合されているものを選ぶようにしましょう。

また、「コラーゲン」や「エラスチン」は普段の食事だけで得るのは難しい成分なので、サプリメントで摂り入れるのも有効です。若々しい素肌を保つために、スキンケアだけでなくインナーケアにも意識をむけましょう。

表情のクセを鏡でチェック

眉間が乾燥している状態でしわが寄るような表情をしてしまうと、いつのまにか乾燥しわもくっきりと残ってしまうしわになってしまいます。

普段気が付いていない表情のくせを知るために、鏡を見て眉や目を動かしてみてください。電話をしている時に鏡を見るのも、自然な表情でどのようなしわが寄るのかを知るのに有効です。

スマホやパソコンを触っていたり、意識が他にむいているときの表情は硬くなりがちなので、いつ・どんな風に眉間にしわが出ているのかをチェックしてみてください。

アイクリームが眉間に効く

目元のハリを保ち、しわに有効な成分が含まれているアイセラムやアイクリームですが、実は、眉間にもその効果を発揮してくれます。アイクリームは目周りの細かい部分に少量浸透させることで潤いや弾力アップにつながるので、デリケートな眉間にもぴったりのケアアイテムなのです。

ビタミンC誘導体など、美白成分が高いものは乾燥がひどい場合は避け、保湿成分が高いものの使用をおすすめします。

これで差がつく一歩先の眉間ケア

眉間に自信をもつために、普段のしわケアや保湿にプラスアルファのお手入れを加えましょう。

紫外線対策

紫外線は乾燥だけでなく、肌老化にとって大敵です。日焼け止め成分の入った下地やクリームは一年中しっかり塗っておきましょう。前髪で隠れていたり、帽子の着用をしている時も油断大敵です。

こまめに塗りなおすときも、眉間のような細かいパーツは忘れがちなのでしっかりおこなってください。

メイク直し

化粧が崩れだした午後になると、テカりが気になりだすのがTゾーンです。ついついティッシュやあぶらとり紙で皮脂をおさえがちですが、必要な潤い成分まで拭ってしまうと乾燥の原因になってしまいます。

メイク直しの際は表面に浮いた汚れだけをおさえるように軽く皮脂をオフし、乳液やバームで保湿してからベースメイクを塗りなおすようにすることで、乾燥を防ぎメイクを長持ちさせることができます。

シェービング前後のケア

意外とできていないのがシェービング前後の保湿です。肌表面の角質を傷つけ、摩擦による乾燥ダメージも引き起こしてしまうので、眉やおでこの産毛・ムダ毛を処理するときは、前後に保湿を入念にしたスキンケアを必ず行いましょう。

また、肌に最も負担の少ない自己処理方法は、顔剃り用の電気シェーバーです。カミソリや毛抜きは皮膚だけでなく毛根にも刺激を与えてしまうので、眉間を傷つけないために処理の仕方も見直しましょう。

まとめ

眉間は、普段からケアに意識をむけるかむけないかで大きく違いが出ます。テカりやすいからといって潤いが失われないわけではありません。見落としがちな細かい部分だからこそ、ていねいにケアすることでハリとツヤを保った自信のもてるパーツに育ちますよ。

この記事に関連するキーワード

加恵美容家

10年のアパレル勤務を経て美容ライターに。年齢や体の変化と上手に付き合えるヘルシーな美容法を発信していきます。コスメを手作りすること、香りコスメを集めることが大好き。日常に取り入れやすいシンプルケアにトレンドを取り入れながら日々、美を追求し続けています。

Recommend

この記事を見た人にオススメ