すべて 角質 足のざらざらは角質硬化が原因?気付いたらすぐに対策しよう!
角質

足のざらざらは角質硬化が原因?気付いたらすぐに対策しよう!

いつ間にか足裏の角質が硬化してひび割れ寸前になっていませんか?

角質硬化を放っておくと痛みが出たり、皮膚トラブルのリスクが高まります。見た目も悪くなってしまうので、足裏の角質硬化の原因を知り、対策を取ってつるつる足裏を目指しましょう。

気付いたら愕然としてしまう角質硬化も対策可能?

足裏の角質が硬化している状態は、厄介なものです。夏などは素足でサンダルを履いてオシャレにお出掛けしたいなと思ったりしても、角質が硬化しているのに気付き、スニーカーに変更して外出などといったことになるかもしれません。
せっかく開放的な季節になったのに、足裏のせいでオシャレをがまんしなければならないと、憂鬱な気分になってしまいます。

オシャレが制限されるということにとどまらず、角質を放っておくと痛みや臭いの原因になる場合もあるようです。
足裏の角質硬化はとてもやっかいなものですが、角質硬化の原因を知って対策を取れば和らげることができます。

足裏の角質硬化の原因は?

角質,硬化
触り心地がザラザラカサカサして、見た目もよくない足裏の角質硬化ですが、いつの間にかそうなっているので、原因が分からないという人もいるかと思います。

足裏の角質硬化はなぜ起こるのかという理由を3つまとめました。角質ケアをする前にまずはなぜ足裏で角質硬化が起こるのかという理由を知っておきましょう。この理由に当てはまることを生活内でしてしまっていた場合は、日常生活からこれらの原因を取り除くように心掛けましょう。

かかとは乾燥しやすい

かかとには、汗腺はあっても皮脂腺はありません。そのため、常に油分が不足した状態が続きやすい部位であり、その結果、かかとの角質が硬化しやすい傾向にあるのです。油分と汗が不足した状態は、常にかかとを乾燥させやすくします。

顔などには、汗腺と皮脂腺があるので、これら2つから汗と皮脂がそれぞれ分泌され皮脂膜を作ることができます。
この皮脂膜は、皮膚を乾燥から守ってくれる効果が期待できるのですが、かかとには汗腺しかありません。皮脂腺が作られないかかとは乾燥しやすい部位なので、ケアを怠ったり、大気が乾燥していたりすると、角質にうるおいがなくなる状態になりやすく、結果として、角質が硬化してしまうのです。

立ち仕事が多く負担が掛かっている

立ち仕事が多いと、かかとに負担が掛かりやすくなりいつの間にか角質硬化でかかとがカサカサになっているということがあります。特に、サイズの合わない靴を履いての立ち仕事だと常にかかとに負担が掛かるうえに、摩擦も生じるので、刺激によって角質が厚くなりやすい傾向があります。

角質が出てきているからといって、ケアをし過ぎても摩擦や刺激によって角質がより厚みが増してしまう場合もあります。

ターンオーバーの乱れによる角質の蓄積

年齢を重ねると、肌のターンオーバーが遅くなり角質が蓄積しやすい状態になります。角質の排出が遅れ、古くなった角質がたまり続けると、たまった角質が硬化し始め、角質硬化のカサカサでザラザラとしたかかとになってしまうこともあるのです。

かかとは皮脂腺がなく汗腺だけなので、皮脂膜での自然な保湿が期待できない部位になります。靴下を履くなどして足の裏の血行を良くし、肌のターンオーバーを促すことで角質硬化の対策をしましょう。

角質硬化を放置すると起こるデメリット3つ

角質,硬化
見た目がカサカサで、触り心地もザラザラな足裏の角質硬化ですが、人目に付かない足の裏だからといって、ケアを後回しにすることはおすすめできません。

見た目だけの問題にとどまらず、足裏の角質硬化を放置するとさまざまなデメリットが生じます。日常生活上で気になってしまうことも多々ありますので、角質硬化が気になるようだったら、早めに対処するように心掛けましょう。

皮膚トラブルのリスクが高まる

角質硬化が始まっているのに、ケアを怠り放置していると角質層が厚くなり、そのまま水虫などの皮膚トラブルの原因になる場合も。角質硬化は見た目が悪いというだけではなく、水虫になってしまうなどのリスクが高まるので、早めにケアをしてつるつるかかとを目指しましょう。

痛みが出ることも

足裏の角質硬化ははじめは気にならないかもしれませんが、だからといってケアを怠ると、痛みが出る場合があります。

もともと足裏は歩いたりするため、刺激が掛かりやすい部分です。さらには、皮脂腺がなく皮脂膜で自然に保湿される顔などとは違うため、角質硬化になりやすい部分となります。

特に、大気が乾いている冬などはもともと乾燥しやすい足裏がますます乾きやすい状態になり、結果として、足裏の角質の水分がどんどんなくなって角質が硬く分厚くなってしまうという角質硬化になりやすい傾向があります。

このように、どんどん角質硬化が進むと、最終的にはひび割れが起こり足裏のかかとに痛みを感じることもあります。初期の状態に気付いたときは、あまり気にしていなかったという場合でも、不快感があったり、ストレスを感じたりすることでしょう。

角質硬化を放置すると、このようなリスクもありますので、早めに対処することをおすすめします。

ニオイの原因になることも

角質硬化を放置すると、ニオイの問題も出てくる場合があります。足裏はブーツや靴下などをはくことが多く、もともと蒸れやすい傾向があります。角質硬化の状態でブーツなどを履くと、汗で蒸れて角質の状態が悪化し、ニオイの元となる場合もあるようです。

オシャレをしてもニオイの問題が出てきてしまっては、本末転倒と言えるでしょう。

人目に付かない部位だからといってケアを怠らずに、角質硬化を感じたら早めに足裏をうるおすなどのケアを心掛けましょう。

日常のちょっとした工夫で角質硬化は対策できる!

角質,硬化
角質硬化を放っておくと痛みやニオイ、さらには皮膚トラブルのリスクが高まるなどさまざまなデメリットがあります。サンダルを履かないから、人目に付くようなものでもないからといってケアを怠ると、後々後悔してしまうかもしれません。

足裏の角質硬化の原因やデメリットなどについて知ったら、次は積極的にケアをして対策を打ち、角質硬化を和らげましょう。自宅で手軽にできる方法を4つまとめましたので、できるところから対策に取り組んでみてください。

無理に削らずにお酢を使って除去する方法もある

角質硬化の改善に効果が期待できるのが、どこの家庭でも台所に常備しているお酢です。お酢には、角質をふやかして落とす効果が期待できるので、お酢を使って固くなった角質を落とすという方法も角質硬化の対策に良さそうです。

お酢に含まれている有機酸が、角質硬化の対策に良い効果を与えてくれると言われています。

お酢を使った角質硬化改善の方法は、両足が入る洗面器を用意してお酢1、お湯3の割合でお湯を張ります。足を30~60分ほど浸してお酢を両足に馴染ませたら、フットケア用のブラシで足裏の角質をこするというものです。

そうすると角質がふやけて、角質を除去できる効果が期待できます。角質は必要な角質層まで削ってしまうことになると角質硬化を繰り返しますので、落としすぎないように注意してください。

重曹除去角質落としクリームを作って除去しよう

普通の家庭ならどこでも常備している、しつこい油汚れを落としたりするときに使われる、重曹を使ったクリームもまた、角質硬化を和らげてくれるようです。

重曹を小さじ3、グリセリンを小さじ1の割合で混ぜ合わせたものを濡らした角質硬化部分に塗り、マッサージします。そうすると、角質硬化した部分が柔らかくなり、硬化した角質がはがれやすくなります。

クリームが嫌だという人は、重曹とグリセリンの割合はそのままに水と混ぜて、角質硬化部分にスプレーすることで、硬化した角質を柔らかくして角質を剥がす効果が期待できます。

クリーム以外にも、重曹大さじ2と塩大さじ1を混ぜたお湯を洗面器に張り、10分足を漬けた後、軽石で硬化した角質を除去するという方法もあり、重曹と角質はとても相性の良いアイテムなのです。

入浴後に化粧水で角質を保湿すると柔らかくなる

入浴後に保湿をすることも、角質硬化のケアでおすすめの方法です。

入浴後は足裏の角質が水分を吸っていて、通常よりも柔らかくなっています。そのタイミングで角質硬化対策の化粧水でしっかり保湿することによって、角質硬化状態を改善することが期待できます。

足裏は乾燥しやすい部位なので、吸収が良いお風呂上がりに化粧水で保湿をして、そのあとクリームでふたをするなど、顔などと同様のスキンケアをすると角質硬化の予防にもなるのでおすすめです。

見えない部位だからといって、保湿ケアを怠らず、タイミングを見てこまめにいたわってあげることが、角質硬化の予防につながります。

サイズの合う靴で足への負担を減らすことも重要

足裏の角質硬化は、もともと乾燥しやすい部位であるため保湿などのケアを怠ったり、大気が乾燥していることにより、より乾燥しやすい環境にさらされ角質硬化が進んだりとさまざまな原因がありますが、足裏の摩擦によって起こる刺激で角質硬化がより進んでしまうという場合もあります。

合わない靴を履いていた場合などは、靴の中で足がすれてしまい刺激を受け続け、靴を履いている間はずっとその刺激にさらされるので、角質の硬化が進みやすくなってしまうのです。

合わない靴を履いているとこのようなデメリットがありますので、角質硬化に悩んでいる方は、自分にぴったりの大きさの靴を探して早めに履き替えることをおすすめします。

まとめ

足裏の角質は知らないうちに固くなっていて、気付いた頃にはなかなか改善が難しい状態になっている場合も少なくありません。角質硬化の主な原因は足裏の乾燥と足裏が受ける刺激によって角質が増え厚みが増してしまうことなどが挙げられます。原因を知り、普段から少しずつケアをしていれば、見た目もきれいなつるつるの角質をキープできます。

人目に付かない場所だからと放置していたら、角質硬化が進みひび割れて痛みが出たり、水虫のリスクもあります。角質硬化が進まないように、タイミングを見て適切な時期に角質ケアをし続け、快適な足美人を目指しましょう。

この記事は、ライターが収集した情報に基づいて作成されています。効果には個人差がございますので、ご自身の責任でご利用・ご参考ください。

この記事に関連するキーワード

ミレイ美容家

1993年生まれで、Webライターとしてお仕事をしています。オーガニック系のブランドの商品を使うと肌の状態が良くなったことから、化粧品に興味を持ち、いろいろとリサーチするようになりました。趣味は音楽鑑賞です。たくさんある美容の情報の中から、おすすめのものをご紹介します。よろしくお願いします。

Recommend

この記事を見た人にオススメ