すべて 美容 朝洗顔はしない方が良いってホント!?朝の洗顔で気を付けた方が良いこととは
美容

朝洗顔はしない方が良いってホント!?朝の洗顔で気を付けた方が良いこととは

「朝は水だけの洗顔でOK」「朝洗顔は肌に良くない」などという噂を聞いたことはありませんか?

乾燥しやすい、肌にとって負担になるなどという理由から朝に洗顔をしていない人も実際にいる一方で「洗顔こそスキンケアの土台!」「朝の肌は汚れている!」と朝の洗顔の必要性について耳にする機会も少なくありません。

一体どちらが正しいの?と迷っているあなたのために、朝洗顔が肌にもたらす影響について徹底的に解説します。

肌質と朝洗顔の相性や基本の洗顔方法、朝だからこそおすすめしたい時短の洗顔方法もご紹介していきます。

朝は洗顔しない方がいい?

慌ただしくなりがちな朝のスキンケア。特に洗顔は「夜と同じように洗顔料を使う」「水だけで洗う」「洗わない」と、さまざまな意見をよく耳にしますよね。

結局のところ朝に洗顔は必要なのでしょうか?

まずは、朝に洗顔をするのとしないのとでは肌にどのような影響があるのかを探っていきましょう。

朝洗顔のメリット

夜に洗顔とスキンケアを入念にしていても、朝になると睡眠中にかいた汗や皮脂分泌のせいで、想像以上に皮膚表面には皮脂汚れやべたつきによるホコリが付着しているもの。

肌表面にこのような不要な皮脂や汚れが残った状態でいると、ターンオーバーの乱れや酸化を招く原因にもなってしまいます。

清潔な肌を保ち酸化による肌老化やニキビ・黒ずみの発生を防ぐためにも、朝の洗顔は必要であるといえるでしょう。

また、不要な角質が洗顔によって落とされた状態でその後スキンケアをすると、浸透力が高まり化粧ノリを良くしてくれる効果も期待できます。

朝洗顔のデメリット

「朝に洗顔してしまうと乾燥してしまう」という声も多く耳にしますよね。

それは必要な皮脂まで落とし過ぎていることや、時間がない朝にゴシゴシ洗ってしまっていること、その後のスキンケアや保湿の仕方が悪いことなどが考えられます。

朝洗顔が肌にとって負担となってしまう肌質の人もいますので、洗い方や洗顔料選びも自分の肌に合った方法を見極めて行うことが大切です。

朝洗顔は肌との相性で決めよう

朝,洗顔

皮脂汚れによる酸化や不要な角質残りを防ぐために、朝も洗顔は必要であることがわかりました。

しかし、肌質は人それぞれ。自分の肌に合った洗顔の仕方をしないと、洗顔前の肌の方が良かった!なんてことも。

肌質と照らし合わせながら、適切な朝洗顔方法を導いていきましょう。

乾燥肌

乾燥肌の人は洗浄力の強いメイクも落とせるような洗顔料ではなく、モイスチャータイプの洗顔料がおすすめです。

乾燥がひどく皮脂分泌が少ない部分はぬるま湯でさっと洗い流すだけでも汚れが落ちる場合がありますが、インナードライタイプの場合は皮脂が出やすい乾燥肌なので、洗顔料を使うことをおすすめします。

洗顔後のスキンケアはタオルドライ後速やかに、念入りに行ってくださいね。

オイリー肌

オイリー肌の場合は洗顔料をちゃんと使ってベタベタを取りたいですよね。頑固な皮脂汚れは水洗いだけでは落ちないこともありますので、しっかり泡立てた洗顔料で洗いましょう。

テカりを気にして保湿不足になると、肌を守ろうとする皮脂が余計に出てしまうことがありますので気をつけてくださいね。

混合肌

顔のパーツによって肌質が異なる混合肌の場合は、洗う順番が大事。テカりがちなTゾーンから洗い始めましょう。

おでこや小鼻のような皮脂量が多い部分から広げるように、乾燥しやすい部分を洗ってください。

朝のスキンケアタイムに余裕がある人は、洗顔料を分けて使うのもおすすめですよ。

敏感肌

夜と同じ洗顔料を使っても乾燥してしまったり肌荒れを起こすことがある敏感肌の人は、その日の肌状態に合わせて洗顔の仕方を変えるといいでしょう。

バリア機能のとなる必要な皮脂まで落とし過ぎないようにし、洗顔による摩擦が肌の負担とならないよう優しく洗うことを心がけましょう。

朝に行う基本の洗顔方法

朝,洗顔

洗顔はスキンケアの土台作りに欠かせず、朝も丁寧に行うことでその日の肌バランスを整えてくれるもの。どんな洗顔方法をすればキレイな肌は保たれるのでしょうか?

あなたのいつものやり方と、基本の朝洗顔方法を見直してみてください。

お湯の温度は30~34℃を目安に

忙しい朝は水でササっと洗ったり、給湯器の温度設定を動かさずにそのまま洗い流す、という人も多いのでは?

実は洗顔料選びと同じくらい洗い上がりの肌を左右するのがお湯の温度。熱すぎると肌にとって刺激となりバリア機能が低下してしまいますし、冷たすぎると毛穴が締まり、汚れ落ちきらないこともあるのだとか。

洗髪や身体を洗うお湯より少しぬるめである30~34℃ぐらいのぬるま湯で洗い流しましょう。

洗顔料はしっかり泡立てて

泡で汚れが落ちるタイプの洗顔料はしっかり泡立てないと洗浄力に差がつき、毛穴詰まりを起こすことがあるそうです。

洗顔料によっては泡立てずに肌にのせてしまうと刺激になり、肌荒れを引き起こすものもあるそうなので、時間がない朝でもきちんと泡立てて洗顔してくださいね。

力をいれず泡で洗う

洗顔料をしっかり泡立てたら、指ではなく泡で洗うのを意識し、少ない力で洗顔するようにしましょう。

手による摩擦を肌が感じてしまうと、乾燥や敏感肌の原因になることがあるからです。

中指や薬指を使うと肌への負担が少なく済みますよ。

ゴシゴシ洗いは厳禁

肌に密着したメイクを落とすクレンジングや夜の洗顔と違い、皮脂やホコリによる朝の汚れは洗顔料の泡でサラッと洗うだけでも十分に落とすことができるのだとか。

慌ただしく洗いがちな朝ですが、ゴシゴシせずに優しく洗いましょう。

洗顔料は長時間肌にのせない

丁寧に洗うことを意識し、洗顔に時間をかけすぎるのは逆効果。洗顔料を肌にのせる時間が長いと、肌表面を守る役割を果たす必要な皮脂まで落としてしまうこともあるようです。

泡立てた洗顔料を顔にのせる時間は1分程度を目安にし、髪の生え際などに洗い残りがないよう同じくらいの時間をかけて洗い流しましょう。

美肌をキープする洗顔後の保湿方法

朝,洗顔

朝洗顔後の美肌づくりには丁寧な保湿が欠かせません。

正しく行えば一日中健やかな肌を保つことができ、メイク崩れも軽減できるのだとか。

朝、洗顔した後の肌に最適なスキンケア方法を詳しくお伝えしていきます。

化粧水

洗顔を終えたら、乾燥しやすい目元や口元から化粧水を浸透させていきましょう。

洗顔後の肌は放っておくとどんどん肌内部の水分が奪われていきますので、速やかに肌にのせてください。

時間がない朝ほどササっと済ましがちな化粧水ですが、適量をじっくり浸透させてあげることで後に加える美容液やクリームの浸透力は変わります。時間をかけてケアしましょう。

美容液

日中のメイクや紫外線、エアコンなどの影響により乾燥しやすい目元や頬などは、朝でも保湿成分を含んだ美容液を使用しておくことで、メイク崩れや乾燥小じわを防ぐことができるそうです。

しかし、朝の使用に気をつけたい美容成分もあります。

例えば、抗しわ成分だといわれている「レチノール」は光毒性があることで知られており、紫外線と反応すると肌トラブルやかゆみを引き起こすことがあるため、夜の使用が推奨されているのだとか。

こういった肌トラブルをおこさないために朝用・夜用と区分されている化粧品もありますので、説明書をよく読み使用してくださいね。

乳液・クリーム

スキンケアの最後に使用する保湿成分を含んだ乳液やクリームは、油分の強いものを使用するとその後に使う化粧下地やファンデーションの密着を邪魔し、崩れやすくしてしまうものもあるようです。

また、使用量が多すぎると浸透せず肌表面に残り、メイクと混ざってヨレる原因になることもありますので、保湿したいからといって塗りすぎるのもよくありません。

ファンデーションの相性や肌質に合わせて、乳液やクリームを選んでくださいね。

朝こそトライ!時短洗顔のススメ

洗顔をしないのは朝の洗顔に時間をかける余裕がないから、という人も少なくないはず。

忙しい人必見!清潔な肌で朝をスタートさせることができる時短で手軽な洗顔方法を最後にご紹介します。

泡タイプの洗顔料を選ぶ

泡で出る洗顔料は忙しい朝の味方。泡立てる時間をカットでき、すぐに濃密な泡で洗うことができますよ。

量の調節もしやすいので、パーツごとの洗い分けに使用するのもおすすめです。

蒸しタオルを洗顔がわりに

肌表面の汚れを落とし毛穴を開くことができる“蒸しタオル洗顔”は、時間がない朝にぴったり。

濡らしたタオルをレンジで1分程温めて顔にのせれば、洗顔と似た効果が感じられるそうです。

皮脂が出にくく、乾燥しやすい肌質の人に適していますよ。

洗顔の役割も叶える拭き取り化粧水とは

拭き取りタイプの化粧水にはいくつか種類がありますが、不要な汚れや角質を落としてくれるものなら洗顔に近い効果を感じやすく、ブースターのような働きも兼ねているためその後のスキンケアの浸透力もアップするのだとか。

コットンに適量を含み、抑えるように優しく拭き取るだけなので、洗顔より時短なケアができますよ。

まとめ

朝の洗顔をするかしないかには賛否両論あるようですが、皮脂やホコリの汚れを残してしまうと酸化や肌荒れにつながりやすいので、肌状況に応じた洗顔を毎朝行うことをおすすめします。

自分の肌状況や美容にかけることができる時間などもふまえて、あなたに合った洗顔方法で朝のケアをしてあげてくださいね。

この記事は、ライターが収集した情報に基づいて作成されています。効果には個人差がございますので、ご自身の責任でご利用・ご参考ください。

この記事に関連するキーワード

加恵美容家

10年のアパレル勤務を経て美容ライターに。年齢や体の変化と上手に付き合えるヘルシーな美容法を発信していきます。コスメを手作りすること、香りコスメを集めることが大好き。日常に取り入れやすいシンプルケアにトレンドを取り入れながら日々、美を追求し続けています。

Recommend

この記事を見た人にオススメ