すべて 保湿 朝パックで朝から肌ツヤキレイに!朝にオススメのスキンケア方法とは?
保湿 美容

朝パックで朝から肌ツヤキレイに!朝にオススメのスキンケア方法とは?

朝パックで朝から肌ツヤキレイに!朝にオススメのスキンケア方法とは?

 
以前は大事な日の前夜やスペシャルケアに使うことが多かった美容パックですが、現在は朝用のパックも販売されていたり、毎日手軽に使える大容量入りのシートマスクもドラッグストアなどで多く見かけるようになりましたね。

実は朝晩、どの時間帯にどんなパックを行うかによって期待できる効果やメリットは大きく違うのだとか。
 

今回は肌がキレイな人がこっそり行っている朝のパックや、時間がなくてもできるワンランク上の朝美容方法をレクチャーします。
 

美肌をつくるのは

 
夜、お風呂上がりに行うスキンケアにはじっくり時間をかけていても、朝はできるだけ簡単にパパっと済ませているという人が多いそう。

家を出る前やメイク前に身支度する時間が取れず、慌ただしく済ませちゃいがちですよね。
 

しかし一日中美肌をキープしている人ほど、スキンケアなどの美容時間を「朝」にたっぷり使っていることが多いのだとか。

美容通の人が欠かせないという朝のじっくりスキンケアは、どんな風に美肌を叶えてくれるのでしょうか?
 

朝こそ丁寧なスキンケアが大事な理由

 
夜に美容液やクリームでしっかり保湿した肌も、朝になれば肌内部の水分が就寝中に蒸発してしまうもの。

つまり、朝は朝で水分を補うためのスキンケアを大切にしなくてはいけないのです。
 

また、朝行う洗顔は寝ている間に分泌した皮脂や付着したホコリや汚れを落とすのに必要ですが、その後、きちんと保湿を行わなければ乾燥が進んでしまいます。

化粧崩れや夕方の肌くすみ、目や口の周りにできやすい乾燥小じわなどといった日中に起こりやすい肌トラブルも朝の保湿不足が原因の一つ。

朝にメイクの土台となるスキンケアをしっかり仕込んでおくことは、夜のスキンケアまでキレイを保つのに欠かせません。
 

パックマスクの違い

 
化粧品において一般的に「パック」といわれているものは、液状やジェル状で手を使って肌に直接塗布する商品を指します。
 

美容成分の浸透を狙ったものだけでなく、巡りを良くする働きが期待できるもの、角質除去に役立ち肌表面をツルツルに整えるものなど種類はさまざまです。

洗い流すものもあれば、就寝中や朝のスキンケア時に使用して洗い流さないものもあります。
 

そして「マスク」と呼ばれるものは美容液成分がコットン状のシートに凝縮されており、10~15分といった短時間で潤いを補給するために作られたものをいいます。

“貼るパック”とも呼ばれており、ローションをコットンに浸して行う「ローションパック」もマスクのような役割として行うものと考えてよいでしょう。
 

朝のパック習慣で肌を変えよう

朝パックで朝から肌ツヤキレイに!朝にオススメのスキンケア方法とは?
 
朝からパック!?と思うかもしれませんが、朝のスキンケアに差をつけるならパックも習慣的に行うべきなのだとか。

最近では“朝用”として、成分や用途が朝使用するのに適しているものも多く販売されるようになってきているみたいですよ。
 

ですが、いざ朝パックを始めてみるとなるとたくさん種類があり、どれが自分に合うのか迷ってしまいますよね。

気になる種類や効果について、お教えしましょう。
 

朝パックの選び方

 
朝のスキンケアは夜まで美肌をキープするため、メイクの土台として行うもの。

乳液やクリームだけでは補いきれない美容成分を含んだパックや、時間がない朝でも簡単に保湿できるマスクなど、なりたい肌にしてくれるアイテムを選びましょう。
 

毎日使用するのか、どのくらい朝のスキンケアに時間をかけられるのかなど、ライフスタイルによっても適したパックは違いますので、購入前に使用方法も確認しておきましょうね。
 

朝パックの効果

 
パックやマスクには種類がたくさんありますので、実感しやすい効果もさまざま。

期待できる働きごとに詳しく解説していきます。
 

●保湿

 
時間がない朝のスキンケアは、十分に美容成分が肌へ浸透しないまま次の工程へ進む流れになり、保湿不足になりがち。

セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなどの保湿成分を、パックやマスクを使用しメイク前にしっかり浸透させておけば、その後にメイクを始めても潤いをキープしやすく、乾燥を防ぐことができるみたいですよ。
 

●化粧ノリ・もちを良くする

 
ターンオーバーが乱れやすく洗顔だけでは落とし切れない角質が気になる人は、パックやマスクを使用することで肌表面のごわつきが落ち着き、その後の化粧水や乳液の浸透を良くする働きも期待できるそうですよ。

メイクののりが良くなるだけでなく保湿力がアップし、メイクのもちも良くなるみたいです。
 

●ながら美容が叶う

 
それでもやっぱり朝は時間がない!という人におすすめなのが、洗顔から保湿の役割まで叶えてくれるようなマスクやパックです。

歯磨きや朝ごはんの準備をしながらできるので“朝のながら美容”にぴったり。

時短でスキンケアにも手を抜きたくない人は、このようなオールインワンタイプのパックを探してみてくださいね。
 

夜に行うパックとはどう違う?


 
寝ている間に抜けた肌内部の水分を補い、スキンケアの浸透が良くなるような保湿効果の高いパックやマスクを行うのが朝におすすめの使い方です。
 

一方、夜は日中に浴びた紫外線やメイクで疲れた肌に栄養を与えられるような抗酸化成分や、エイジングケア成分を含んだパックやマスクを行うのが美肌づくりに効果的といえる使い方なのだとか。
 

洗い流すタイプのパックなど、時間を要するものも朝にはあまり向いていません。

パックやマスクに含まれている成分や使用方法によって、朝・夜で使い分けることが美肌への近道だといえるでしょう。
 

朝パックで注意すべきこと

 
美肌を目指すなら明日からでも試したい朝パックですが、効果をしっかり得るために注意点も学んでおきましょう。
 

毎日使用しても大丈夫?

 
毎日使用できるものであるかどうかは、商品の説明書にも記載があるはずですが、何の用途で使用するかによって変わります。
 

例えば、毎朝洗顔がわりに使用できるものでも皮脂づまりがひどく脂性肌に悩んでいる場合は、パックではなくしっかり洗顔をするのがおすすめ。

角質をオフするようなパックは毎日使用してしまうとバリア機能として必要な角質まで落とし、敏感肌になってしまうこともあるようです。
 

使用上の注意書きを読むのはもちろん、自分の肌とも相談して使用頻度を考えましょう。
 

朝には適さない美容成分に注意

 
化粧品に含まれる美容成分の中には、日中に使用すると紫外線に当たることで効果や安定性が低下してしまうものもあるのだとか。

中でも有名なのが抗シワ成分として、アイケア製品やエイジングケア化粧品に用いられている「レチノール」です。
 

メーカーによっては朝の使用も可能と記載されているものもありますが、肌が敏感な状態のときや初めて使用する場合は様子をみながら使用してくださいね。
 

パックの使用時間とタイミング

 
シートタイプのマスクは記載している時間よりついつい長く顔にのせてしまいがちですが、マスクに含まれている美容液や化粧水が肌に浸透してしまうと、乾いたマスクがどんどん肌の水分を奪ってしまうことがあるそう。

保湿したつもりが逆に乾燥してしまう可能性もありますので、記載されている目安時間は守ってくださいね。
 

また、スキンケアは使用する順番も大切。間違ってしまうとせっかくの働きを邪魔してしまうこともありますので、朝に行うパックもその後に行うスキンケアとの相性や用途を考えながら使用しましょう。
 

プラスすれば肌が変わる朝ケア方法3選

朝パックで朝から肌ツヤキレイに!朝にオススメのスキンケア方法とは?
 
最後に、時短に済ませたい朝こそ簡単にプラスしたい、とっておきの美容法をお教えします。
 

①コットンパック

 
忙しい朝は、夜のように化粧水をじっくり浸透させる時間があまりないですよね。

そんな時は化粧水をコットンに浸したコットンパック(ローションパック)がおすすめです。
 

化粧水は、肌にパパっとのせるだけでは浸透しきれなかった水分が蒸発してしまい、しっかりと肌に入り込まないことがあるのだとか。

コットンを使用し、肌に貼り付けるようにのせておけば蒸発を防ぎ、無駄なく浸透を助けてくれるので、念入りにケアする時間がない朝にぴったりですよ。
 

②リンパマッサージ

 
保湿成分を含んだパックやマスクを使用した後にリンパマッサージをとり入れてみましょう。
 

おでこ、頬、フェイスライン、そして目元を優しくほぐしてあげると巡りが良くなり、肌が元気に。

むくみが和らぎ、化粧のりがアップすることも期待できるようですよ。
 

かっさや美容器具を使用してリンパを流してあげるだけでも違いますので、メイク前の数分や、保湿クリームを塗りながら実践してみてくださいね。
 

③紫外線予防もできるデイクリーム

 
朝の時短美容におすすめなのが、紫外線を予防するSPF・PAを含んだ“デイクリーム”と呼ばれる朝用の保湿クリームです。
 

パックやマスク、マッサージなど、朝から念入りにケアするとメイクの時間がとれない!ということもありますよね。

そんなとき、スキンケアの最後に使用しておくと日焼け止めを塗らなくても紫外線をカットしてくれる優れものなのだとか。
 

朝専用のクリームとして役立つ保湿成分も含まれていますので、その後念入りに日焼け止めや下地を塗りたい場合でもメイク前の土台作りに適した朝にぴったりのクリームといえるでしょう。
 

まとめ

 
パックやマスクは時間がかかってしまい夜にするもの、というイメージがありましたが、ニーズに合わせていろいろな種類が販売されており、上手に使用すると夜のスキンケアまで潤った美肌キープに役立つということがわかりましたね。

これを機に、朝のスキンケアや美容を見直してみては?きっと日中の肌が変わりますよ。

この記事は、ライターが収集した情報に基づいて作成されています。効果には個人差がございますので、ご自身の責任でご利用・ご参考ください。

この記事に関連するキーワード

加恵美容家

10年のアパレル勤務を経て美容ライターに。年齢や体の変化と上手に付き合えるヘルシーな美容法を発信していきます。コスメを手作りすること、香りコスメを集めることが大好き。日常に取り入れやすいシンプルケアにトレンドを取り入れながら日々、美を追求し続けています。

Recommend

この記事を見た人にオススメ