すべて コラーゲン 老け髪はコラーゲンで念入りヘアケア!しっとりまとまるハリのある美髪へ
コラーゲン

老け髪はコラーゲンで念入りヘアケア!しっとりまとまるハリのある美髪へ

ツヤやコシのない状態の髪は「老け髪」と呼ばれ、悪印象につながることから懸念されています。
ダメージを受けた髪によって、実年齢よりも老けて見えてしまうのは避けたいところ。

そんな老け髪には念入りなヘアケアを行い、しっかりまとまる美しい髪に導きましょう。
この記事では老け髪を健やかに保つために注目されている、コラーゲンのヘアケアについて詳しく解説していきます。

髪の悩み

髪に悩みを抱える男性
髪の悩みは男女問わず尽きないものでしょう。それは髪の印象だけで見た目の年齢が大きく左右されてしまうのも理由の一つ。

髪の悩みがあるだけで毎日鏡を見るたびに落ち込むなど、モチベーションにも影響をもたらします。
中には髪の悩みを何とかしたいと思い様々な種類のシャンプーリンスを試しているという人もいるかもしれません。
多くの人が抱えている髪の悩みには、どのような内容があるのでしょう?

髪にツヤがない

髪の悩みを抱えている人の中には髪にツヤがないことで悩んでいるケースが少なくありません。
特に寝不足やストレスなど不安定な生活リズムによって髪の栄養やコラーゲンが減少することが関係しているといわれています。

髪にツヤがないと悩んでいる人のためにケアできる成分を配合したシャンプーやリンスなどが多く販売されていますが、どのような物を使えばいいのかわからないという声も聞かれます。

ボリュームが出ずハリのない髪

ぺたんと潰れたボリューム不足の髪では若々しさが感じられず「老け髪」の烙印を押されてしまうでしょう。
トップがふんわりと起き上がっている状態に近づくには、髪のハリが大切です。

またハリとボリュームがない髪は見た目の悪印象だけではなく、抜け毛や切れ毛といったトラブルにもつながります。

髪がまとまらない

髪がまとまらない原因には潤い不足による髪や頭皮の乾燥が考えられます。
他にも髪がべたついていてまとまらないこともあります。

「まとまりが出る」と謳われているシャンプーやリンス、コンディショナーなどを使って対策していても、髪質が思うように変わらないと頭を抱えている人も少なくないでしょう。

例え自然派系のシャンプーであっても人によって合うものと合わないものが分かれ、実際に使ってみたところ髪がパサついてしまったという意見もありました。

髪にもいい影響をもたらすコラーゲンとは

「コラーゲン」と聞くと、肌に潤いを与えるというイメージはありませんか?

実はコラーゲンは肌だけでなく、髪にもよいと考えられています。そもそもコラーゲンは加齢とともにコラーゲンの産生や代謝は低下し、安定して維持することが難しいとされています。

特に乾燥が気になる秋から冬にかけては肌や髪のトラブルが増える傾向があり、地肌が乾燥すると髪が細く切れ毛が目立つといわれているため念入りなケアが重要です。
エアコンの使用によっては季節に関係なく乾燥を招くため、1年を通して気をつけてくださいね。

髪のツヤ、ハリ、ボリュームなどに悩みを抱えている人も、コラーゲンを取り入れたケアを行うことで若々しさへアプローチできるでしょう。
乾燥しがちな肌や髪のトラブルの場合、コラーゲンのケアでは潤いを保つことがポイントになっています。

化粧水などにコラーゲンが含まれたコスメを利用している人は多いかもしれませんが、シャンプーやトリートメントにおいてもコラーゲン入りのヘアアイテムを使うことで、みずみずしい頭皮へ導きます。

コラーゲンの働き

髪のケアをする女性
肌だけでなく髪にとってもよい働きが期待できることがわかりましたね。

ハリのなさや、まとまりにくいといった髪の悩みを抱えている人にとっても重要な役割を担う「コラーゲン」の魅力について詳しく見ていきましょう。

果たしてコラーゲンに含まれるどのような働きが「老け髪」の悪印象を変えてくれるのでしょうか?

髪を太くする

髪を太くするためには傷んだ髪を優しく労わりながら潤い栄養を与えるコラーゲンの役目が大切です。
特に頭皮の健康と潤いを保つことが髪を太くするためのポイントです。

ヘアカラーや紫外線の影響によってダメージを受けた髪や毛根では、満足な栄養が行き渡らずに髪が細くなってしまうケースが考えられます。
またストレスなどでホルモンバランスが崩れ、髪に影響が出てしまうことも少なくないでしょう。

このようなトラブルにもコラーゲンの成分が作用し、髪を太くするサポートをします。

ツヤのある髪に導く

ツヤのある髪に導くために、まずは食生活をはじめ普段の生活習慣を見直してみましょう。
肌に負担がかかるような不規則な生活はしていませんか?心身に負担がかかればかかるほどに、髪や地肌へも思わぬ影響を及ぼします。

そんな時には、昆布やわかめ、黒豆などのように「黒い食べ物」を積極的に摂取するよう心がけましょう。
栄養バランスを考えた食事を摂る習慣は、ツヤのある髪に近づくヒントです。

さらにコラーゲンで髪と頭皮をケアすることも大切です。
シャンプーやリンスにコラーゲンが含まれているものが多く登場していますので、積極的に取り入れていきましょう。
肌にツヤが出るだけではなく、髪にも潤いが加わり、より若々しい印象に導きます。

しっとりまとまる髪質へ

パサついた「老け髪」をしっとりまとまる美髪へとサポートするには、コラーゲンを積極的に取り入れましょう。

髪の潤いを保つためにオイルを付けているという人もいるかもしれませんが、それに加えてコラーゲン入りのシャンプーやトリートメントで念入りにケアすることが大切です。

しっとりまとまる髪に整えていくためには、髪だけでなく地肌とのダブルケアで、たっぷり水分補給させてあげましょうね。

コラーゲンで美髪にアプローチ

髪をとかす女性
コラーゲンは30歳を境にして減っていく傾向にあるといわれています。
毎日のヘアケアにコラーゲンのケアを加え、年齢を重ねても美しくまとまりのある髪を目指しましょう。

コラーゲンシャンプー

一般的なシャンプーには保湿の成分が含まれているものの、コラーゲンを配合しているメーカーはあまり多くありません。

しかし「コラーゲンシャンプー」とは名前の通り、シャンプーにコラーゲンが多く含まれているのが特徴です。
コラーゲンシャンプーは頭皮をマッサージしながら、パックして成分を行き渡らせるように意識しましょう。
髪だけではなく地肌もあわせてケアできることが、コラーゲンシャンプーの人気の理由です。

それに、抜け毛などを減らす働きが期待できる種類もあり、地肌をコラーゲンで労わることによって美しい髪を保つことにつながることがわかりますね。

コラーゲントリートメント

コラーゲンシャンプーが地肌を労わるものであったように、コラーゲントリートメントは髪をケアするため取り入れたいアイテムです。

毛先や髪全体のボリュームを出す効果に加えて、更に傷んだ髪を美しく導きます。
これは毛先がパサついてしまってまとまらないという場合でも、コラーゲントリートメントによるヘアケアを行うことで髪に潤いが与えられ、指通りのよいまとまりのある髪質へとサポートします。

まとめ

髪を気にする女性
今まではコラーゲンと聞くと、スキンケアのイメージがあったかもしれませんが、髪や頭皮にも働きかけることが分かりましたね。

様々な悩みのもととなる「老け髪」には、まずコラーゲンシャンプーで地肌の潤いを取り戻し、ダメージを受けた髪を更にコラーゲントリートメントでケアすることで若々しい髪へと導けるでしょう。

髪は女の命という言葉があるように、年齢を重ねるほど減っていくコラーゲンを補いながら、いくつになっても美しい髪を手に入れてください。

この記事は、ライターが収集した情報に基づいて作成されています。効果には個人差がございますので、ご自身の責任でご利用・ご参考ください。

この記事に関連するキーワード

Wakana Adachi美容家

薬膳アドバイザー、メディカルハーブコーディネーターの資格を取得し、健康、美容に関する記事も執筆している。心と身体に負担のかからない健康方法に興味があり日々学びを積み重ねている。

Recommend

この記事を見た人にオススメ