すべて コラーゲン きれいな肌と髪に欠かせない!コラーゲンが美容にもたらすメリット
コラーゲン

きれいな肌と髪に欠かせない!コラーゲンが美容にもたらすメリット

美容ケアの定番「コラーゲン」は肌にも髪にもアプローチできることから、美容ドリンクなどにも含まれていることが多いです。

しかし、「コラーゲンを飲んでも意味がない」と言う意見もあり、本当に美容にいいの?と不安に思っている人もいるかもしれません。

そこで今回は、コラーゲンとはなにか、なぜコラーゲンが注目されているのか、説明します。

コラーゲンとは

コラーゲンはタンパク質の一種です。皮膚は角質層を含む表面の皮膚(表皮)と真皮からなり、コラーゲンは真皮約70%を占めると言われています。

真皮のほか、体の様々な組織に存在し、細胞と細胞をつなげて組織を形成する役割も担っています。

では、体のなかのコラーゲンが不足するとどのようになるのでしょうか。
一般的にはシワができやすくなるなど美容に関係するイメージが強いですが、骨や血管など、体全体の不調にも関係すると言われています。

コラーゲンの構造

コラーゲンは、3本のタンパク質が軸に沿って同じ向きに集まった「三重らせん構造」をしています。
細長い構造をした棒状の分子で、分子が集まりコラーゲン線維を形成しています。
 
コラーゲンと一口に言っても数多くの種類が存在します。
体に多く存在するのはI型のコラーゲンで、皮膚に存在するコラーゲンの多くもI型です。

ほかにも、関節や軟骨に存在するⅡ型、血管に存在するⅢ型などがあります。

Ⅰ型:体に多く存在するコラーゲン。皮膚の弾力を支えている。
Ⅱ型:関節や軟骨に多く存在するコラーゲン。
Ⅲ型:臓器や血管に存在するコラーゲン。
Ⅳ型:皮膚の表皮と真皮をつないでいるコラーゲン。
Ⅴ型:胎盤や血管に多く存在するコラーゲン。

コラーゲンの成分

コラーゲンはアミノ酸の一種です。
もっと細かく見てみると、グリシン、プロリン、ヒドロキシプロリンなど様々なアミノ酸でできていることがわかります。

なかでもヒドロキシプロリンは、コラーゲンにしか存在しないアミノ酸です。
ヒドロキシプロリンは、プロリンに水がつくという反応を起こす酵素の働きによって体内で作られます。

この酵素は、「ビタミンC」を必要とします。
よって、ビタミンC不足でもコラーゲンの生成が上手くいかないことがあります。

コラーゲンの働き

美しい肌コラーゲンには密接な関係があるとされていますが、コラーゲンにはどのような働きがあるのでしょうか?

ここではコラーゲンが美容にもたらす役割についてお話していきます。

美容におけるコラーゲンの働き

美容に働くコラーゲン
美容において、コラーゲンは肌のハリや弾力を保つ働きをします。しかしながら、体内で作られるコラーゲンは年齢を重ねるにつれ減っていきます。

コラーゲンを作りだす機能が衰えていくと古くなったコラーゲンの分解も進まなくなり、水分が失われ、シワやたるみに悩まされるようになるのです。

ですから、美容液や化粧水などを通したスキンケアのほか、サプリメントやドリンクなどで補う美容法が注目されています。

また、肌のみならず、髪や爪のケアにもコラーゲンは注目されています。髪にハリやコシ、爪にうるおいを与えるとされており、ヘアケア剤やネイルケアコスメの原料として選ばれています。

コラーゲン摂取の方法

コラーゲンゼリー

コラーゲンは、豚足や手羽先、豚バラなどの肉類をはじめ、フカヒレ、エビ、うなぎなどの魚介類にも含まれています。
さらに、ゼリー、プリンといったゼラチンを使ったお菓子類を食べることでも摂取できます。

特にゼラチンはコラーゲンを原料に作られており、3重らせんの構造がほどけてバラバラになったものです。
形に違いはあるものの、食品として摂取した場合、ゼラチンもコラーゲンも同じであるという意見もあります。

美容のためのコラーゲンの摂り方

コラーゲンはたくさん摂ればよいというものではありません。
コラーゲンだけでなく、体内でコラーゲンを作る際に、必要なビタミンCも合わせて摂るといいでしょう。

ほかにも、タンパク質やエラスチンを合わせて摂るといいと考えられています。
基本的には、バランスのとれた食事を心がけることが大切です。

逆に注意したいのは、糖質や揚げ物などの油分の多い食事です。
コラーゲンを糖化させる原因となり、肌のたるみを招くとされています。

コラーゲンの摂取量

サプリなどでコラーゲンを摂る場合、毎日飲んでもいいのか、それとも1週間に1度程度なのか、摂取量に悩むことがあります。
サプリの場合、コラーゲン以外の成分も色々と含まれています。

まずは、使い方や摂取量の目安をよく見て確認しましょう。

食品で摂る場合は、大体5g~10gが目安です。また、週1回ではなく、毎日摂取するのが望ましいとされています。

コラーゲンペプチドとは

コラーゲンを液体に溶かす
コラーゲンペプチドは、コラーゲンを分解し、小さくしたものです。
コラーゲンペプチドは水にとけやすいため、化粧品や食品に幅広く活用されています。

サプリなどでコラーゲンと記載されている場合、正式にはコラーゲンペプチドが含まれていることが多いです。
コラーゲンペプチドは、豚、魚、鶏などから作られています。

コラーゲンペプチドの構造

3本が組み合わさった3重らせん構造のコラーゲンに対し、3重らせん構造をバラバラにしたものがゼラチンです。
バラバラにした1本には、アミノ酸が約1000個結合しています。

このアミノ酸をさらにバラバラにしたものがコラーゲンペプチドです。

ゼラチンは水に溶かしてゼリー状にすることで容量が増えます。
サプリなどで摂取する場合と比べ、大量には摂りづらいため手軽に摂取できるコラーゲンペプチドが開発されました。

コラーゲンペプチドは、より摂取しやすくするために、コラーゲンをバラバラにし小さくしたものと考えるとわかりやすいです。

美容にもたらすコラーゲンペプチドの働き

コラーゲンペプチドについては、さまざまな研究が進められています。
30~50歳代の健康な女性10人が、1日10gのコラーゲンペプチドを配合した飲料を24日間摂り続けた結果、肌の水分量や肌の弾力がアップしたというデータもあります。

また、コラーゲンを摂り続けると髪にハリやコシが出て、髪のなめらかさを感じた人がいたという研究結果もあります。

コラーゲンペプチドの摂り方

コラーゲンペプチドの働きについて検証した結果では、1日10gのコラーゲンペプチドを毎日摂り続けると肌の水分量や弾力がアップした人がいることがわかっています。
よって、コラーゲンペプチドは毎日10g程度を目安に摂取するといいと言えます。

加齢にともないコラーゲンが減少していき、結果シワやたるみを招いてしまいます。
減って行くものなのであれば、補うことで少しでもハリやうるおいのある肌や髪を目指したいもの。
毎日摂取できるようにきちんと意識することが大切です。

まとめ

コラーゲンは、肌のうるおいを守り、健康な髪を育む重要な役割を持っています。
体内で作られますが、年齢とともにだんだん機能が低下して、コラーゲンは減少していきます。

コラーゲンを含む食品を食べるほかにも、コラーゲンペプチドが配合されたサプリなどを活用して、適度に補いましょう。

この記事は、ライターが収集した情報に基づいて作成されています。効果には個人差がございますので、ご自身の責任でご利用・ご参考ください。

この記事に関連するキーワード

笹野かず美容家

コスメモニターとして様々な化粧品を試し続けるコスメマニア。化粧品の正しい選び方、伝え方ができる美容ライターを目指し、コスメコンシェルジュの資格を取得。美容記事を通して、少しでも肌の悩みを抱える人の助けになれば幸せです。

Recommend

この記事を見た人にオススメ