すべて トラネキサム酸 若見え美人の秘訣はトラネキサム酸!紫外線ダメージに負けない肌に
トラネキサム酸

若見え美人の秘訣はトラネキサム酸!紫外線ダメージに負けない肌に

紫外線は夏だけではなく、実は冬の間も私たちの体に降り注いでいると言われています。
紫外線を浴びた肌はシミ等の肌トラブルを招く恐れがあるのです。

そんな紫外線ダメージから肌を守る働きがあるとして、注目を集めているのが「トラネキサム酸」です。
最近では薬用美白化粧品に配合されている事も多く、名前だけは聞いた事がある人もいるでしょう。
そこで今回は、トラネキサム酸とはどんな成分なのか、詳しく解説します。

トラネキサム酸がもたらすメリット

鏡を見る女性
トラネキサム酸とは、人工的に合成されたアミノ酸の一種です。
以前から肌に良い成分として認知されていましたが、2002年に厚生労働省から正式に美白ケア成分と認められました。
そんなトラネキサム酸が、肌にどんなメリットをもたらすのか詳しく見ていきましょう。

紫外線ダメージを受けた肌への美白ケア

紫外線ダメージを受けた肌は「メラノサイト」という細胞が活性化して「メラニン色素」を作り出すと言われています。
このメラニン色素がシミの原因だと考えられているのです。

トラネキサム酸には、メラノサイトが活性化する要因のひとつとも言える「プラスミン」「プロスタグランジン」を抑える働きがあるため、肌の中でメラニン色素が増加するのを防ぎ、シミが増えにくい肌へ導くことが期待できます。

紫外線ダメージを受けた肌の美白ケアには、トラネキサム酸が配合されたスキンケア化粧品がおすすめです。

トラネキサム酸の構造

化粧品
トラネキサム酸は、必須アミノ酸リジンに類似した構造だと考えられており、肌トラブルの原因物質となりうる、リジン結合部分に合体する働きがあると報告されています。

そんなトラネキサム酸は、厚生労働省によって薬用化粧品(医薬部外品)への配合が承認された成分。※
シミを発生させるメラノサイトの活性化を抑えるメリットがあると言われているため、主に美白ケアを目的にスキンケア、ボディケア、ハンドケア(全て薬用)等に配合されているケースが多いようです。

※ 化粧品としては承認されていないため、化粧品には配合されていません。

様々な美容メリットのあるトラネキサム酸ですが、同じような美容成分は他にもあるのでしょうか?

美容のために知っておきたい!トラネキサム酸に似た成分

スキンケアする女性
トラネキサム酸には、シミの原因となるメラニン色素やメラノサイトの活性化を抑える働きがあることが分かりましたね。
トラネキサム酸の他にも、シミのケアに期待できる成分があります。
ここでは、トラネキサム酸と似ている成分と言われる「L-システイン」「ビタミンC誘導体」について見ていきましょう。

L-システイン

L-システインは、肌や髪の毛、爪等に存在しているアミノ酸の一種で、体の内側から代謝を促し、健康的な肌や髪を保つのに欠かせない成分だと考えられているのです。

そんなL-システインには、シミをケアするメリットがあると評判です。
この理由を紐解くポイントは「チロシナーゼ」という酵素
私達の体は紫外線等の外的要因や、ストレス等の内的要因によってシミを生み出すメラノサイトが活性化すると言われていますが、このメラノサイトが活性化する初期段階で関係しているとされているのがチロシナーゼです。
L-システインにはチロシナーゼを抑える働きがあると考えられているため、シミが発生する根本にアプローチできると考えられています。

またL-システインは、体の中から代謝を促し酸化を防ぐ働きがあり、肌のターンオーバーのサポートが期待できます。
適切なターンオーバーが行われるとシミを外に追い出しやすくなるため、L-システインは美白と深い関係にあると言えるでしょう。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを肌に取り入れやすいように加工した物です。
元となるビタミンCは、シミの原因であるメラニン色素の生成を抑制する働きや、コラーゲンを増加させシワやたるみの発生を抑えるメリットがあると言われています。

また体の酸化に関係している活性酵素を抑える働きもあるので、エイジングケアにも期待できる成分です。
しかし、ビタミンCは空気に触れると酸化しやすいという欠点も……。

そこで開発されたのがビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導はトラネキサム酸と同じく、厚生労働省に認可された美白ケア成分だと言われています。
ビタミンC誘導体の特徴は肌に取り入れやすく、ビタミンCより長くその場に留まる点にあるようです。
L-システインと同様に、メラニンの生成に関係しているチロシナーゼを抑えるメリットがあるため、シミのケアに期待できるでしょう。

<【今知りたい!】注目の美容成分をまとめました>
【令和】美肌のために知りたい!話題の美容成分の働きと摂取方法

まとめ

紫外線を浴びると、肌にシミ等のトラブルが起きる懸念がありました。
トラネキサム酸は、シミを発生させる要因のひとつであるプラスミンやプロスタグランジンを抑える働きが期待できる成分だと分かりましたね。
美しい肌を保つには適したケアが必要であり、トラブルが起きた場合はその要因を探るのが美への近道。

最近は、コスメショップでもトラネキサム酸が配合されている薬用美白ケア化粧品が多く並んでいますので、試してみてはいかがでしょうか。
紫外線ダメージが気になる人はぜひ取り入れて、若見え美人を目指して下さい。

この記事は、ライターが収集した情報に基づいて作成されています。効果には個人差がございますので、ご自身の責任でご利用・ご参考ください。

この記事に関連するキーワード

あめのさくら美容家

ヘアスタリストの仕事をしながら、Webライターとしても活動。頭髪や美容のことを中心に「知って得した」と思えるような情報を発信していきます。髪の毛に対する悩みならお任せください。万年ダイエッターなため、様々のトレーニングを実践中。健康的に痩せる方法を日々研究しています。

Recommend

この記事を見た人にオススメ