すべて 卵殻膜 肌の悩みを卵殻膜でスキンケア!Ⅲ型コラーゲンがうるおい美肌へ導く
卵殻膜

肌の悩みを卵殻膜でスキンケア!Ⅲ型コラーゲンがうるおい美肌へ導く

赤ちゃんの頬擦りしたくなるようなツヤツヤの肌は女性の憧れです。
あの頃の肌に戻りたいと思う人も多いのではないでしょうか。

このツヤツヤの肌の秘密は、赤ちゃんの肌にたっぷり含まれているⅢ型コラーゲンの働きによるものだと考えられています。

そのⅢ型コラーゲンは増やす事も摂取する事も難しいとされていましたが、実は卵の卵殻膜Ⅲ型コラーゲンを増やす成分が含まれていることが分かりました。
そこで、Ⅲ型コラーゲンに注目した卵殻膜の働きについて紹介します。

注目の美容成分の卵殻膜の魅力

卵殻膜は卵の殻の内側に付いている、厚さ0.07mm程の薄い膜の事です。
普段食べる箇所ではないものの、目にした事がある人も多いのではないでしょうか。

様々な調査の結果、人間の肌の構造に近い18種類のアミノ酸、ヒアルロン酸等の美容成分が含まれており、美容に良い働きが期待できると分かったのです。
卵殻膜から精製された「卵殻膜エキス」は、様々な美容ケア商品に配合されています。

では話題の卵殻膜とはどのようなものなのか、位置や構造などを詳しく見てみましょう。

卵殻膜はどんな構造?

卵
卵の殻は外側から卵殻、外卵殻膜、内卵殻膜となっており、外卵殻膜と内卵殻膜を合わせて卵殻膜と呼ばれています。
画像の中ではちょうど、殻と白身の間に位置する場所です。

卵殻膜の主成分は繊維状のタンパク質で、外卵殻膜は粗く内卵殻膜は密度の高い二層の網目状構造です。

タンパク質はアミノ酸で構成されていますが、卵殻膜のアミノ酸組成は肌や他の部位ととても似ており、18種類のアミノ酸がバランス良く含まれています。

に含まれているアミノ酸が20種類なのを考えると、それに近いレベルで多くのアミノ酸が含まれていることになります。
また肌に近い構造のため、スキンケアとして取り入れた場合にも肌に馴染みが良く、その使いやすさも人気の秘密です。

卵殻膜に関わるⅢ型コラーゲンや、卵殻膜に含まれているアミノ酸などの働きについても詳しく見ていきましょう。

卵殻膜に関わる美容にいい成分と働き

コラーゲン
卵殻膜にはアミノ酸を始めとして、美容に良い成分が色々含まれていると言われていますが、実際にどのような働きがあるのか疑問に思う人も多いのではないでしょうか。
そこで卵殻膜に関わる成分がどのような働きをするのかを紹介します。

卵殻膜の美容成分

卵殻膜には18種類のアミノ酸とコラーゲン、ヒアルロン酸がバランス良く含まれています。
それと同時に、Ⅲ型コラーゲンにも深く関わっています。

●Ⅲ型コラーゲン

卵殻膜に関わる美容成分として、まず注目したいのがコラーゲンです。
卵殻膜が増加を促すコラーゲンはⅢ型コラーゲンと言われる種類で、肌の瑞々しさを保つ働きがあります。

Ⅲ型コラーゲンは赤ちゃんの肌に多く含まれることから「ベビーコラーゲン」とも呼ばれており、赤ちゃんの持つハリと潤いのある肌はⅢ型コラーゲンの影響ではないかと考えられています。

しかしこのⅢ型コラーゲンは、赤ちゃんのときには多く含まれていますが、年齢と共に失われてしまう特徴があるものの、原因は分かっていません。

また体内で生成できず、食べ物からも摂取できないと言われてきましたが、水に溶けるよう加工した卵殻膜にはⅢ型コラーゲンを増やす働きがあると分かりました。
今まで減る一方だと思われていたⅢ型コラーゲンを増やす働きが認められたことで、卵殻膜は注目を集めたのです。

●アミノ酸

次に注目したいのがアミノ酸です。
卵殻膜に含まれているのは9種の必須アミノ酸9種の非必須アミノ酸で、まとめると以下の通りになります。

■9種の必須アミノ酸
リジン、ヒスチジン、トリプトファン、フェニルアラニン、バリン、メチオニン、イソロイシン、ロイシン、スレオニン

■9種の非必須アミノ酸
グリシン、プロリン、シスチン、アラニン、アルギニン、アスパラギン酸、セリン、グルタミン酸、チロシン

アミノ酸の中でも注目したいのがシスチンです。
シスチンはシステインが2個結合した物で、髪の毛や爪などに多く含まれていると言われています。
シスチンは体の中で更にL-システインに変化し、シミの原因となるメラニンの働きを抑え、肌だけではなく髪を美しく保つ働きもしてくれます。
このシスチンが多く含まれていることも、卵殻膜が注目されるポイントのひとつとなっています。

卵殻膜が美容にもたらすメリット

卵殻膜には美容に良い成分が多く含まれているため、美容にもたらすメリットが期待できます。
Ⅲ型コラーゲンの働きによって肌にハリやツヤ、弾力を与えてくれることが期待できるため、シワやたるみが気になる人には朗報と言えるでしょう。

また卵殻膜が配合されているスキンケアアイテムを使うと、シミやそばかすに働きかけて、肌をトーンアップする働きや、肌に潤いを与えキメを揃えて柔らかく保つ働きにも期待できます。
そのため乾燥や紫外線によるダメージが気になる人のケアにもおすすめ。
卵殻膜の美容成分を取り入れやすいケア方法を見ていきましょう。

しっとり美肌になれる卵殻膜の活用方法

頬に手をあてる女性
卵殻膜が美肌に良さそうと思っていても、日常のケアにどのように取り入れたら良いか、活用方法に悩む人も多いでしょう。
そこで卵殻膜を使ったスキンケアアイテムの上手な活用方法を紹介します。

エイジング悩みに卵殻膜パック

肌のたるみやハリ不足に悩んでいる人には卵殻膜パックがおすすめです。
肌の角質層まで水分と美容成分を届け、角質を柔らかくし、キメをふっくら整えます。
頬やほうれい線周りなどの顔はもちろんのこと、デコルテや手足、かかとなど、乾燥の気になる箇所に使ってみるのもおすすめ。

卵殻膜パックをするタイミングは、肌が清潔で、時間に余裕のあるお風呂上がりが良いでしょう。
クレンジングと洗顔で肌を清潔にした後、卵殻膜を剥がし、乾燥させた物を気になる部分に貼り付けます。
あまり長時間パックすると肌に貼り付いてしまうため、5分程度置いたら剥がしましょう。
卵殻膜パックの後は、卵殻膜化粧水を使った保湿ケアも忘れないようにしてくださいね。

卵殻膜化粧水で乾燥ケア

卵殻膜の美容成分が配合された化粧水には、ヒアルロン酸とコラーゲン、アミノ酸が含まれているため、しっとりしたハリのある肌に導く働きが期待できます。
化粧水は、その後に行うスキンケアアイテムが角質層に浸透するのを助ける働きがあるので、上手な使い方をマスターしましょう。

基本的には洗顔で失った水分を急いで補うために、洗顔後すぐ、または美容液の後に使います。
卵殻膜化粧水を手、またはコットンに取り、1~2分程度かけて肌にゆっくり馴染ませましょう。
卵殻膜化粧水をつけた後は、手の平でプレスするように肌を温めると、卵殻膜の美容成分が肌へ届きやすくなると言われています。
乾燥を防ぐためにも、卵殻膜化粧水を使った後は乳液やクリームなどで油分を補い、肌を整えましょう。

卵殻膜はどのような方法で美容に取り入れたら良いのか、上手な取り入れ方も紹介します。

賢い卵殻膜の摂取方法

手のひら
卵殻膜には美容成分が豊富に含まれているため、食べても美容に良い働きがあるのではないかと思う人もいるかもしれません。
しかし卵殻膜は消化するのが難しいため、食べてもあまり意味がないと言われています。

そのため卵殻膜の美容成分を取り入れたい場合は、化粧品等のスキンケアで取り入れるのがおすすめ。
一般的に、化粧水よりは美容液の方が美容成分の配合量が多いとされています。
卵殻膜を使ったアイテムを選ぶときは、卵殻膜エキスの配合量にこだわって選びましょう。

まとめ

卵殻膜は豊富な美容成分を多く含んだ、天然由来の成分として注目を集めています。
特に、他の素材から取り入れにくいⅢ型コラーゲンを増やす働きがあるのは大きなメリットではないでしょうか。

肌のハリや潤い不足が気になり出したら、コラーゲン不足のサインかもしれません。
天然の美肌成分である卵殻膜を、日常のスキンケアに取り入れてみませんか。

この記事は、ライターが収集した情報に基づいて作成されています。効果には個人差がございますので、ご自身の責任でご利用・ご参考ください。

この記事に関連するキーワード

高澤志保美容家

30代前半から美容ブロガー&美容モニター&モニターモデルとして活躍。試した商品は数百点を超える美容マニア。数々の大手美容&医療サイトの専属美容ライターとして活躍中。ヨガインストラクター、リンパケアセラピスト、アロマテラピスト、秘書士などの資格保持者。いますぐ試したくなるとっておきの美容情報をご紹介します。

Recommend

この記事を見た人にオススメ