すべて 毛穴 黒ずみ色素沈着はメラニン毛穴のサイン?メラニン毛穴の見分け方とは
毛穴

黒ずみ色素沈着はメラニン毛穴のサイン?メラニン毛穴の見分け方とは

女性にとって、毛穴の目立たない美しい肌は永遠の憧れですよね。
ですが、そんな理想とは裏腹に多くの女性が毛穴の黒ずみに悩まされているよう。

今回は普通の黒ずみ毛穴と間違われやすい、メラニン毛穴の特徴や対処法をご紹介します。

黒く目立つメラニン毛穴とは

メラニン毛穴とは、ターンオーバーで排出しきれなかったメラニン色素が毛穴周辺に溜まることでシミやソバカスのように変色して見える状態を指します。
よく見ると、メラニン毛穴は黒色ではなく茶色から茶褐色をしているのが特徴です。
メラニン毛穴がなぜできるのか、その理由について確認していきましょう。

頑固なメラニン毛穴ができる理由

皮膚
メラニン毛穴は、皮脂や角栓の詰まりによってできる一般的な毛穴の黒ずみとは別の要因でできていると考えられています。
メラニン毛穴を増やさないよう、原因を突き止めてみましょう。

メラニン毛穴に関係する色素沈着

メラニン毛穴ができる原因のひとつに、紫外線によるメラニン色素の滞留が挙げられます。
メラニン色素には、肌を酸化させてシミなどの肌トラブルを招く可能性がある活性酸素を吸収する働きがある一方で、過剰生成されるとターンオーバーで排出しきれずにシミやソバカスとして滞留してしまうことがあるのです。
また加齢とともに代謝は落ちていくため、年を重ねるごとにターンオーバーが長期化し、メラニン色素を含んだ角質が肌に留まってしまうリスクが高まります。

摩擦や紫外線も?色素沈着する理由

メラニン色素は紫外線によって生成されるという認識が一般的ですが、日々の外的刺激によってもメラニン色素が生成されることがあります。
例えば下着の締め付けや擦れなどによって太ももの付け根が黒ずんでしまうのも、摩擦によって起こるメラニン色素生成の一種なのです。

そして気をつけなければならないのは、毎日のクレンジングによる顔の摩擦です。
毛穴に詰まった汚れをキレイにしたくて、肌を擦るようにゴシゴシと洗っている人は要注意です。
過剰な摩擦が加わると不必要にメラニンが生成されるので、自らのスキンケアでメラニン毛穴を作り出しかねません。
他にも、毛穴に詰まった角栓を指で無理やり押し出す等、過度な圧を加えることも控えましょう。

メラニン毛穴の見分け方

毛穴を気にする女性
メラニン毛穴は黒っぽく見えるため、一般的な毛穴汚れと誤解して間違ったケアをしている人が多くいます。
毎日ケアをしているのに中々キレイにならないと感じているのなら、メラニン毛穴になっている可能性を疑ってみてください。
ここではメラニン毛穴の特徴と、普通の毛穴汚れとの違いをご紹介します。

メラニン毛穴の特徴

メラニン毛穴は一見通常の毛穴の黒ずみと同じように見えるのですが、よく見ると毛穴全体ではなく毛穴の周囲茶~茶褐色に変色しているケースが多いようです。
また、触ってみると角栓が詰まっているようなザラつきはなく、表面がツルツルし毛穴がややくぼんでいることも特徴です。

普通の毛穴汚れとの違いとは

普通の黒ずみ毛穴は、皮脂汚れによってできた角栓が酸化して黒くなった状態です。
触るとザラザラとした感触があり、ファンデーションのノリも悪く感じます。

メラニン毛穴は、皮脂汚れなどとは違い、紫外線や摩擦によるもので触ってもザラつきはありません。
触るとザラザラした感触があるかどうかがポイントです。

またそれぞれのケア方法ですが、一般的な毛穴汚れはオイルクレンジングやホットクレンジング、洗顔方法の見直し等、角栓ケアに特化した方法を取り入れるのが良いでしょう。
メラニン毛穴の場合はシミやソバカスと同様の美白ケアや、ターンオーバーを適切に整えるケアがおすすめです。

メラニン毛穴におすすめのスキンケア方法

先ほど紹介したように、メラニン毛穴は紫外線や摩擦によって生成されたメラニン色素が滞留して発生した毛穴トラブルです。
メラニン毛穴で悩んでいる方は毎日の紫外線対策を徹底し、毛穴周辺に蓄積したメラニン色素を排出させ、肌の透明感を取り戻すケアを取り入れましょう。

クレンジング

スキンケア
メラニン毛穴の原因になり得る摩擦を抑えるため、クレンジングは慎重に選びたいところです。
ベースメイクの濃さや肌の状態に合わせて、できるだけ刺激の少ないアイテムを使いましょう。

ここでは洗浄力が低い順から高い順に、クレンジングのタイプ別の特徴をご紹介します。

①ミルクタイプ
洗浄力が弱めな分肌への負担が少ないので、軽めのベースメイクの日におすすめです。

②ローションタイプ
コットンに含ませ、ふき取って使用しましょう。
エタノールなどのアルコールが含まれていて乾燥しやすいため、使用後の保湿が大切です。

③シートタイプ
手早く落とせて便利ですが、摩擦が起こりやすく刺激が強いという特徴がありますので、毎日の使用は避けましょう。

④ジェルタイプ
ジェルタイプは保湿力が高いと言われています。
水性と油性の2タイプがあり、水性の方が肌への刺激は少ない傾向にあります。

⑤オイルタイプ
洗浄力が強いため、皮脂を落としすぎて乾燥することがあります。
鉱物油が主体のオイルクレンジングは刺激が強めですが、油脂系のクレンジングは比較的刺激が控えめだと言われています。

以上のようにクレンジングタイプによって特徴は様々です。
目的に合わせて使い分けると良いでしょう。

また、目元や口元など、場所によって使い分けることもおすすめ。
特に目元の皮膚は薄いため、過度な刺激を与えるとシミ等の原因になりやすい傾向にあるため注意が必要です。
目元のアイライナーやマスカラを落とす際は、擦り過ぎずポイントメイクリムーバーなどを使用すると良いでしょう。

化粧水

メイクを落としたら、化粧水で肌を整えましょう。
メラニン毛穴のケアには美白タイプの化粧水がおすすめ。
美白に働きかける成分にはビタミンC誘導体やアルブチン、プラセンタエキス、トラネキサム酸、コウジ酸などがありますが、その働きは大きく下記の3つに分かれています。

①メラニンができるまでの過程に働きかける
②既にできてしまったメラニンをケアする
③メラニンを含む古い角質の剥離を促し排出しやすくする

メラニン毛穴は既にメラニン色素が滞留している状態なので、②③の働きをする下記の成分が入った化粧水を選ぶと良いでしょう。

・ビタミンC誘導体
メラニン色素をケアすると共に、活性酸素の発生を抑えるなどの働きがあります。

・プラセンタエキス
メラニン色素生成の抑制、代謝を促す働きが期待できます。

・4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
メラニン色素生成の抑制と共にターンオーバーを促し、メラニン色素を含む古い角質を排出しやすくします。

・アルブチン
メラニン色素を生成する酵素に働きかけ、シミのケアに役立ちます。

これらの成分が配合された化粧水を選び、美しい毛穴を目指してください。

美容液

メラニン毛穴にピンポイントで対策をするなら、スポットタイプの美容液の使用もおすすめ。
そこで注目したいのが、別名「肌の漂白剤」とも呼ばれるハイドロキノンです。
ハイドロキノンはメラニン色素の合成を抑えるだけでなく、既に生成されたメラニン色素を薄くする働きがあると言われている美白成分です。
ハイドロキノンは既にメラニン色素が滞留した部分に直接働きかけてくれるため、シミやくすみ、メラニン毛穴のケアが期待できます。

ただしハイドロキノンの使用中紫外線を浴びると、メラニン色素の過剰生成を招き、色素の滞留が起こりやすいので注意が必要です。
日中は必ずUVケアを行い、夜のみの使用に限定する、長期間の使用は避けるというように事前に使用方法を確認しましょう。

まとめ

普通の毛穴汚れと間違いやすいメラニン毛穴
今までケアしてきたのに思うような結果が出ていない人は、自身の毛穴の黒ずみの種類を見極めてみてください。
毛穴の状態に合ったケアを取り入れて、毛穴の目立ちにくい美しい肌を手に入れましょう。

この記事は、ライターが収集した情報に基づいて作成されています。効果には個人差がございますので、ご自身の責任でご利用・ご参考ください。

この記事に関連するキーワード

熊谷真理美容家

NY近郊在住のコスメコンシェルジュ。 NY州認定エステティシャン。Christine Valmyメイクアップアーティスト課程修了。NYファッション工科大color specialist課程修了。1児のママ。Instagram(@mari_loves_beauty)のフォロワーは10万人超。

Recommend

この記事を見た人にオススメ