すべて 美容 メラニンを減らすと美肌に近づく?スキンケアと食べ物でメラニン対策
美容

メラニンを減らすと美肌に近づく?スキンケアと食べ物でメラニン対策

紫外線は日差しが強い夏だけではなく、1年中降り注いでいます。
そのため、夏以外の時期でも何も対策をしていないとシミやそばかすができやすくなってしまいます。
肌にハリが失われ、くすみが気になってくるという人も少なくないようです。

シミやそばかす、くすみはメラニン増加が原因のひとつと言われています。
本来肌を紫外線のダメージから守る働きがあるメラニンが、どうしてシミやそばかすになってしまうのか、その理由を説明します。

メラニンをの生成を減らすことが美肌への近道

頬に手をそえる女性

メラニンは、天然のサンスクリーンとも言われているように、紫外線から肌を守る働きをしています。
肌は紫外線を浴びるとメラニンを作り出す働きがあり、メラニンが紫外線を吸収して肌内部への侵入を防ぎ、肌を紫外線から守っているのです。

メラニンが活発に作られることから肌の色が濃くなってしまいますが、ターンオーバーによって肌が生まれ変わるとメラニンを含んだ皮膚も剥がれ落ちます。
ところが、強すぎる紫外線を浴びた場合、メラノサイトからメラニンを作る指令が出続けるため、過剰なメラニンの分泌が続いてしまいます。

過剰に作り出されたメラニンがターンオーバーでも排出が追いつかなくなり、排出されずに残った状態。
これが、シミやそばかす、くすみの原因と言われています。
そのため、肌のシミやそばかす、くすみが気になる場合はメラニンの生成を抑え、ターンオーバーをサポートすることがポイントになります。

メラニン対策におすすめのスキンケア

スキンケア
できてしまったメラニンの生成を減らすためには、メラニンが増えることを防ぎ、ターンオーバーが理想的に行われるように導くことが大切です。

メラニンが増える原因となる紫外線を浴びるのを防ぐことはもちろん、肌への刺激や乾燥、生活習慣なども肌のターンオーバーに影響を与えると言われています。
こうした日常生活で受ける様々な影響にも注意しましょう。

また、毎日のスキンケアは、美肌への第一歩。
メラニン対策におすすめのスキンケアアイテムの選び方と使い方をチェックしてみましょう。

化粧水

化粧水にはいくつかの種類がありますが、メラニンを減らしたい場合は「美白化粧水」と書かれたものを選ぶようにしましょう。
美白化粧水とは、保湿成分と美白成分を配合したもので、通常の化粧水よりもシミやそばかすを防ぐ働きが期待できます。
化粧水は分量を適切に使うことも大切です。
化粧水が少なすぎると十分に保湿ができないだけでなく、滑りが悪くなり肌に刺激を与えてしまうことも。
また、たくさんつけても全てが肌に入るわけではありません。

使うときはメーカーの推奨量を使うように心がけましょう。
化粧水のメーカー推奨量が良くわからない場合は、通常500円玉くらいの大きさを手に取って使うと良いと言われています。

こすらないように注意しながら、手のひら全体を使って馴染ませていきます。
小鼻回りや口元など、細かい部分は重ね付けして、ムラができないようにすることがポイントです。

化粧水を付け終わったら最後はハンドプレスで馴染ませます。
しっとりとうるおい、柔らかく吸い付くような肌になったら完成です。

クリーム

クリームにも沢山の種類がありますが、メラニンが気になる方には化粧水と同じように美白成分の配合された美白クリームがおすすめです。

通常皮脂が天然の保湿クリームの役割をしていますが、年齢とともに皮脂の分泌量も低下してしまいます。
そのため、せっかく化粧水を付けてもクリームで油分を補わないと乾燥してしまうことも。

クリームを塗るときは手に少量ずつ取って塗るのがポイントです。

1回に使う量はワンプッシュ分か人差し指の先ほどが目安。

オイリー肌の人の中には、クリームは必要ないと思っている人もいるかもしれません。
しかし、肌内部の乾燥によって過剰な皮脂の分泌が引き起こされるケースもあります。

クリームを塗った後のベタつきが気になる方は厚塗りを控え、1回に使うクリームの量を調節すると良いでしょう。
必要な油分の量は人によって異なるため、自分の肌の状態にあった量を見つけてください。

美容液

明るくきれいな肌を目指すなら、美白美容液がおすすめです。
美白化粧水に配合されている美白成分には、ビタミンC誘導体、アルブチン、カモミールエキス、L-システイン、トラネキサム酸などがあります。

ビタミンC誘導体やカモミールエキスには美白、抗酸化などの働きがあり、アルブチンやL-システイン、トラネキサム酸はメラニンの生成を抑制すると言われています。
美容液を付けるときは適量を守ることが大切です。

メーカーによって適量が異なるため、使う前にチェックしておきましょう。

複数の美容液を使うときは水っぽいものから付けるのがポイント。
油分の多いものを先に塗ってしまうと、後から塗る美容液を弾いてしまいます。

両手に美容液を広げたら、叩かないようにして手のひらでハンドプレスし、ゆっくりと肌に馴染ませていきましょう。

頬からおでこ、顔全体に馴染ませたら、乾燥しやすい小鼻回りや口元、目元は重ね付けします。

メラニンの生成を防ぐために、悩みのある部分だけに使うのではなく、顔全体に塗るのがおすすめです。

体の中からメラニン対策!おすすめの食べ物

フルーツ
メラニン対策は、スキンケアだけでは十分とは言えません。
メラニンの生成を減らし、生き生きとした美肌作りのためには、体の中から対策することも大切です。
食事やサプリで取れる、美肌に導く成分とその食べ物を見てみましょう。

ビタミンCを含む食べ物

ビタミンCにはメラニンの生成を抑えて活性酸素を分解し、紫外線からのダメージを防ぐ働きがあると言われています。
また、肌の保湿に欠かせないセラミドの合成をサポートしてバリア機能を高める役割もあると考えられており、美肌を目指す人は積極的に取り入れたい成分です。

ビタミンCは体内で作ることができず、体内に留めておくこともできないため、毎日の食事で摂取する必要があります。

ビタミンCはアセロラやグァバ、柑橘類、ピーマンやキャベツなどの野菜類、ジャガイモなどのイモ類、緑茶などに含まれているため、バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

ただ、ビタミンCは水溶性の性質があり、水に流れやすく熱に弱いため、調理の段階で失われてしまうこともあるので注意が必要です。
しかし、ジャガイモやさつまいもなどでんぷん質の多いものは、でんぷんがビタミンCの分解を防ぎ、調理後にも分解されずに残ることが知られています。

ビタミンCをたっぷり摂取するためには、調理方法にも注意しながら摂り入れるようにしましょう。

サプリメントで賢くメラニン対策

ビタミンCは体の中で様々な働きを担っているため、他のビタミンと比べても体が必要とする量が多いと言われています。
しかし、体内に留めておくのが難しく、調理法などによって失われてしまうため、自分が思うよりもきちんと摂取できていないケースもあるのです。

また、たばこを吸ったりアルコールを摂取したりといった生活習慣がある人は特にビタミンCを消費するスピードが早いと言われており、激しい運動やストレスなどでも消費してしまいます。

こうしたことから、ビタミンC不足を感じている人はサプリメントで補うのもひとつの手段です。
サプリメントを利用することで、忙しいときでも簡単にビタミンCを摂取することができます。

まとめ

メラニンは体を紫外線から守るために大切な役割を果たしていますが、過剰に分泌されたメラニンはシミやそばかす、くすみの原因となってしまうことも。

美肌のためには、まず増えすぎたメラニンの生成量を減らし、これ以上増やさないことが大切です。
美肌に導く成分を配合したスキンケアやビタミンCを摂取できる食事、サプリメントなどで輝く美肌を目指しましょう。

この記事は、ライターが収集した情報に基づいて作成されています。効果には個人差がございますので、ご自身の責任でご利用・ご参考ください。

この記事に関連するキーワード

高澤志保美容家

30代前半から美容ブロガー&美容モニター&モニターモデルとして活躍。試した商品は数百点を超える美容マニア。数々の大手美容&医療サイトの専属美容ライターとして活躍中。ヨガインストラクター、リンパケアセラピスト、アロマテラピスト、秘書士などの資格保持者。いますぐ試したくなるとっておきの美容情報をご紹介します。

Recommend

この記事を見た人にオススメ