すべて 美容 人気急上昇!パーソナルカラー診断とは?
美容

人気急上昇!パーソナルカラー診断とは?

今話題沸騰中の『パーソナルカラー』
最近よく耳にするけど、どうやって判断すればいいのか、自分のパーソナルカラーが何色なのか、知っている人はまだまだ少ないようです。

「気に入って買ったコスメだけど、何か似合わない…」
「なぜか化粧が濃く見られてしまう…」

そんなメイクのお悩みはもしかしたら『パーソナルカラー』が原因かもしれません。

パーソナルカラーの基本知識と簡易診断で、本当に自分に似合うコスメを見極めましょう。

パーソナルカラーとは?

パーソナルカラーとは?

パーソナルカラーとは、肌の色などから総合的に診断するその人個人に似合う色のことです。

自分のパーソナルカラーを知るメリットは多数あります。
まず、似合う色を身に着けると自分の良さを引き出すことが出来ます。
また、自分のパーソナルカラーに合う色の洋服やコスメを身に着けると、顔色が明るく見える、顔が小さく見える、肌が綺麗に見えるなど、美容で気になっていたお悩みが緩和されることもあるようです。

本当に自分に似合う色が分かることで、洋服やコスメも選びやすくなりますね。

ブルーベース・イエローベースとは

パーソナルカラーを知る上で欠かせない知識がブルーベース・イエローベースの違い。
まだまだ知られていない双方の違いをしっかり押さえましょう。

ブルーベース

イエローベース

パーソナルカラーはそれぞれの特徴で主に「春・夏・秋・冬」4シーズンから診断されます。
その中でも「夏・冬」ブルーベースで、「春・秋」イエローベースです。

シーズンごとに特徴があり、ベースカラーが同じだとしても似合う色だけではなく肌質や髪質も大きく異なります。

また、ここで注意して頂きたいのがイエローベース・ブルーベースというのはそれぞれ「イエローを基調にした色」・「ブルーを基調にした色」が映えるという意味合いであり、地肌の色味についてはあまり関係がありません。
肌が黄みがかっている=イエローベース、色が白い=ブルーベースと勘違いし、誤診が生じるケースも多いので要注意です。

あなたはどのパーソナルカラー?簡易診断

パーソナルカラー簡易診断

それでは早速パーソナルカラーの簡易診断をしてみましょう。
を置いてご自身の顔をよく観察しながら答えてください。

Q1 肌の色は?



※1 オークル:赤みと黄みのバランスがいい肌色
※2 ニュートラル:A〜Cに属さない中間の肌色

Q2 瞳の色は?



Q3 地毛の色は?



Q4 頬の血色の色味は?



Q5 洋服やコスメとして身に着けた際に一番顔色がよく見える赤はどれ?



結果は以下の通りです。
Aが多かったあなたは…イエローベース/春
Bが多かったあなたは…ブルーベース/夏
Cが多かったあなたは…イエローベース/秋
Dが多かったあなたは…ブルーベース/冬

※診断項目がばらけた場合は一番当てはまったアルファベットのものがあなたのパーソナルカラーです。ほぼ同じ数だった場合はどちらのパーソナルカラーの特徴も当てはまる「ニュートラル」の可能性もあるので両方チェックしてみましょう。

パーソナルカラー別に似合うコスメ

自分のパーソナルカラーがどのシーズンかわかりましたか?
次にそれぞれのカラーに似合うコスメの色をご紹介します。

イエローベース/春

イエローベース/春

●特徴

年齢に関係なくキュート・フレッシュな印象を持たれやすい人が多いです。
例えばシェルピンクやカナリアイエロー、ミントグリーンなど明るめな黄色がかった色味が似合います。
逆に、赤みや青みの強い色顔色が悪く見えてしまうので要注意。

●おすすめのコスメ

パールラメが入ったシアーな色付きのコスメが似合います。
濁りがある色味よりもクリアな発色のコスメを選ぶと春タイプの爽やかで可愛らしい雰囲気にマッチします。

イエローベース/春

■ファンデーション
明るめのオークル系

■チーク・リップ
サーモンピンク、コーラルピンク

■アイシャドウ
オレンジブラウン、グリーンなど黄みのある色

ブルーベース/夏

ブルーベース/夏

●特徴

キーワードは「ソフト」「エレガント」
紫陽花の花のような柔らかいパステルスモーキーな色味が似合うので、コスメを選ぶときも意識しましょう。

また、肌もすりガラスのようなふんわりとした印象に仕上げるとコスメの色味とマッチします。

おすすめのコスメ

大粒のラメ激しい色味のものはブルーベース夏の儚げで繊細な雰囲気にミスマッチなので、できるだけ細かなパールマットな質感のコスメを選ぶのがおすすめです。

ブルーベース/夏

■ファンデーション
ピンクオークル

■チーク・リップ
ベビーピンク、ローズピンク

■アイシャドウ
パープル、ライトブルー、ローズブラウン等赤味のある茶色

イエローベース/秋

イエローベース/秋

●特徴

シックで大人っぽい印象の方が多いです。
肌がマットな質感黄みが強いので肌色から浮かないトマトレッドターコイズなど、黄みが強く明度の低い色を選ぶと肌に馴染みます。

また、ゴールドは秋の魅力の一つであるゴージャス感を引き出してくれるので、ポイントで使用するのもおすすめです。

●おすすめのコスメ

肌の質感に合わせてポイントメイクもパールやラメが控えめマットな仕上がりのものを選ぶとメイクに統一感が出ます。
リップマットな質感のものを選ぶと多少濃い色でも顔から浮かずにマッチします。

イエローベース/秋

■ファンデーション
黄みのオークル

■チーク・リップ
ベージュ、ブラウン

■アイシャドウ
カッパーブラウン、カーキ

ブルーベース/冬

ブルーベース/冬

●特徴

ヴィヴィッドカラーモノトーンなどはっきりした色味が得意です。
シャープでモダンな印象の服やメイクが映えるので、太めのアイライン赤のリップなどポイントを取り入れたメイクが似合います。

血色を出す場合は、チークよりも下地ファンデーションをピンク系で統一ピンク系で統一して肌色を底上げするのがおすすめです。

●おすすめのコスメ

肌の質感的にパールやラメ、色味が発色しづらいのでできるだけ発色のいいコスメを選びましょう。
また、肌の質感はハイライトなどで艶っぽく仕上げた方がポイントメイクの派手さとバランスが取れます。

ブルーベース/冬

■ファンデーション
ピンクベージュ

■チーク・リップ
フューシャピンク、ワインレッド

■アイシャドウ
グレー、ロイヤルブルー、青紫

まとめ

パーソナルカラーは自分自身の良さを引き出してくれる「似合う」色のことです。
自分自身のパーソナルカラーに合った色を身に着けることで、肌を健康的に明るく、より魅力的に見せてくれます。

コスメお洋服を選ぶ際の参考にして、より一層魅力的な自分を演出しましょう。

この記事は、ライターが収集した情報に基づいて作成されています。効果には個人差がございますので、ご自身の責任でご利用・ご参考ください。

この記事に関連するキーワード

伊東絵真美容家

某化粧品会社の専属ライターとして活動中。ヘアメイク専門学校で得た知識と経験を活かし、「すぐに実践できる」美容法をご紹介します。

Recommend

この記事を見た人にオススメ